沖縄では、4日は、朝から暑くなっています。0時~9時の最低気温は、15地点で今年最も高く、「今年最も気温の高い朝」となりました。

●沖縄 「今年最も暖かい朝」の原因は

4日は、南国・沖縄では、朝からかなりの暑さになっています。0時~9時の最低気温は、西表島と与那国空港で29度1分、与那国島と多良間空港で29度0分など、29度台の所もあり、15地点で今年最も高くなりました。
原因は、九州などに大雨をもたらした梅雨前線に向かって、南から「暖かく湿った空気」が流れ込んでいるためです。沖縄は梅雨前線の南側にある「暖かく湿った空気」のエリアに入っています。

●午前中から 最高気温30度が続出

気温の上がるペースもはやくなっていて、午前10時半までの最高気温は、北大東空港で31度1分、南大東空港で30度8分、波照間空港で30度0分など、すでに真夏日になっています。気温だけでなく、湿度も高いので、熱中症には十分な注意が必要です。