東京都心ではこの先、梅雨の晴れ間はあるものの、ジメジメ、ムシムシで絶好の洗濯日和といえる日は少ない見通しです。

●明後日は日差しが出るものの、厚手の物は時間がかかりそう

東京都心も梅雨入りして、洗濯日和がグンと減りました。この先の傾向は、梅雨の晴れ間はあるものの、厚手の洗濯物をたっぷりの日差しの下に干す機会は少ないでしょう。なお、日差しの出る日でも湿度が高いため、洗濯物が乾くまでに時間がかかりそうです。明日(12日:水曜)は雨が降ったりやんだりで、洗濯にはあいにくの天気でしょう。部屋干しとなりそうです。明後日(13日:木曜)になると、日差しが出て、最高気温も25度以上となる見込みですが、大気の状態が不安定で、にわか雨の可能性があります。お出かけ前にはいったん、洗濯物を室内へ取り込むなど、空模様の変化に気を付けた方が良いでしょう。14日(金)も日差しが出て、最高気温は25度以上の夏日になる見込みですが、洗濯指数は「やや乾く」程度でしょう。15日(土)と16日(日)は梅雨空で、薄手の洗濯物でも乾くまでに時間がかかりそうです。「tenki.jp」の洗濯指数は、数時間おきに最新情報に切り替わります。必要な時はこまめに確認してください。なお、天気予報で晴れマークが出ていても、急な雨や雷雨の日もあるため、洗濯物を干す際には注意が必要です。