11日(火)は、沖縄は梅雨前線の影響で警報級の大雨となる恐れ。四国、中国地方から東海、北陸も午後は雨。急に雷を伴って激しく降る所も。関東は雲が多く、北風が続く。

●きょうの天気

11日(火)は、梅雨前線が、南西諸島を南下する見込みです。日本海には低気圧が発生するでしょう。また、本州の上空5500メートル付近には、氷点下12度以下の寒気が流れ込んでいます。近畿や東海付近で、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。

【各地の天気】沖縄は、雨や雷雨でしょう。本島地方では、昼頃にかけて雨が激しく降る所がある見込みです。予想される1時間雨量は多い所で40ミリ。バケツをひっくり返したような雨が降るでしょう。昼過ぎまで、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意して下さい。これまでに降った雨で、地盤の緩んでいる所があります。夕方にかけて土砂災害に注意して下さい。梅雨前線の活動の程度によっては、警報級の大雨となる恐れがあります。

九州は、晴れ間が広がる見込みです。午後は太平洋側を中心に、にわか雨の所があるでしょう。四国は、日差しが届く見込みです。午後は急に雷が鳴り、雨が降る所があるでしょう。太平洋側では、雨が滝のように降る所がある見込みです。中国地方は、晴れたり曇ったりでしょう。所々で雨や雷雨がある見込みです。近畿、東海は、雲が多いでしょう。午後は、局地的に雲が発達する恐れがあります。発達した雲の下では、雷が鳴り、激しい雨が降るでしょう。竜巻などの激しい突風が吹くこともあります。東海では、雹(ひょう)が降る恐れも。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物の中に移動するなど安全確保に努めて下さい。北陸も、午後は雨雲がかかるでしょう。雷が鳴り、雨脚が強まる所がある見込みです。関東は、雲が広がるでしょう。夜は所々で雨が降る見込みです。冷たい北風が吹くでしょう。東北は、太平洋側で降っている雨は次第に止む見込みです。日本海側も含めて雲が多いでしょう。北海道は、日差しが届く見込みです。午後はオホーツク海側で、一時的に雨が降る所があるでしょう。

●きょうの最高気温

最高気温は、平年並みか、やや低い所が多いでしょう。那覇27度、鹿児島28度の予想です。福岡25度、高知27度、広島26度、松江24度、大阪27度と、各地できのう(10日)と同じくらいでしょう。名古屋26度まで上がり、きのうより6度ほど高くなる予想です。東京20度、金沢24度、新潟23度、仙台18度、秋田23度、札幌22度の予想です。