きょう7日は全国的に雨や雷雨。九州から関東にかけての所々で激しい雨が降り、道路が冠水するなど交通に影響が出る恐れも。

●きょうの天気 発達した雨雲 西から広がる

前線を伴った低気圧が西から近づいています。今朝、九州から近畿の広い範囲で雨となっており、雨雲は今後さらに東へ広がるでしょう。九州から関東にかけて、道路が冠水するほどの激しい雨の降る所がありそうです。また、川や用水路は、水位が急に増す危険性がありますので、むやみに近づかないでください。
【各地の天気(西から)】
沖縄は梅雨前線が離れるため日中は晴れ間が広がるでしょう。夜はにわか雨や雷雨の所がありそうです。
九州から近畿にかけて、ほぼ一日雨でしょう。激しく降る恐れがある時間帯は、
九州は「昼過ぎまで」、中国と四国は「夕方まで」、近畿は「昼前から夕方」で、局地的には1時間50ミリ以上と、滝のような雨が降りそうです。
東海と関東、北陸も、今朝すでに所々で雨が降りだしています。広く雨となるのは昼過ぎからで、「夜の9時頃まで」、太平洋側の沿岸部を中心に激しく降る所があるでしょう。
東北は、今朝は南部を中心に弱い雨の降っている所があります。昼頃までは、雨の範囲は狭いですが、夕方以降は各地で傘が必要になりそうです。
北海道も雲が多く、所々で雨が降るでしょう。特に雨の降りやすい時間帯は、朝までと夕方以降です。

●きょうの最高気温

沖縄と九州はきのうと同じくらいで、那覇と福岡は30度の予想です。
中国・四国から関東にかけては、きのうより低く、広島は27度、松江は26度、高知は28度、大阪は26度、名古屋は25度、東京は24度の予想です。厳しい暑さは収まりますが、湿度が高く、ムシッとするでしょう。
北陸から北もきのうより低い所が多く、金沢は23度、仙台は20度、秋田は23度、札幌は21度、釧路は14度の予想です。中でも、東北南部はきのうより5度くらい低く、少しヒンヤリと感じられそうです。