きょう(5日)は大気の状態が非常に不安定で、東北地方では所々で雷雲が発達。ひょうやあられが降った所もあります。

●大気の状態が不安定

上空に寒気を伴った気圧の谷が通過しており、東北地方は大気の状態が非常に不安定になっています。午後2時半現在のレーダー画像を見ると、福島県や山形県、宮城県、青森県の所々に激しい雨を降らせるような活発な雨雲や雷雲があります。落雷を観測したり、ひょうやあられが降ったりした所もあります。
青森県の三八上北では竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象条件となっており、竜巻注意情報も発表されています。(有効期限:午後2時50分まで)

今夜遅くにかけて東北地方は大気の非常に不安定な状態が続き、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。土砂災害や河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するようにして下さい。