関東は大気の状態が非常に不安定になり、午後は雨や雷雨に。

●天気急変

【関東の天気 (5日:水曜)】
午前中を中心に晴れ間があるでしょう。ただ、午後は大気の状態が非常に不安定になり、北部や内陸を中心に急な雨や雷雨がありそうです。局地的には滝のような雨が降り、道路が一気に冠水してしまったり、落雷となる恐れもあります。天気の急変にお気をつけください。
何故、そうなるかと言うと、きのうの小野予報士の記事の通り、上空およそ5500メートル付近には氷点下12度以下の寒気が入ります。そして、きょうの予想最高気温は27度から30度くらいです。上空と地上で40度ほどの温度差がありますね。これくらい温度差が大きいと「かなり不安定」と言えるレベルなのです。いくら不安定な状態であっても、雨雲のもととなる水蒸気が少なければ、雨が降りにくいのですが、きょうは湿気がたっぷりです。気温が高くなる昼前後からは、上空と地上の温度差が大きくなり、大気の状態が非常に不安定。都心も含め、南部の平野部でも天気が急変する可能性があります。きょうは雨が予想されていないエリアでも、急な雨があるかもしれません。スマートフォンをお持ちの方は、雨雲の動きをこまめにチェックすることをおススメします。
【関東の最高気温(5日:水曜)】
天気の部分で少し触れたように、予想最高気温は27度から30度くらいです。各地とも7月並みで、蒸し暑いでしょう。前橋市は30度と2日連続の真夏日になるかもしれません。お出かけの際は、汗拭きタオルがあるとよいでしょう。また、水筒やペットボトルを持ち歩くなど、こまめな水分補給を心掛けてください。体に疲れを感じたら、無理をしないで休んでください。