16日の関東は晴れ。内陸部は最高気温が25度以上の夏日に。東京も24度予想。湿気多く、ムシムシした暑さ。

●湿気多く ムシムシ

【関東の天気(16日:木曜)】
きょう(16日:木曜)は日本のはるか東に中心をもつ高気圧に覆われる見込みです。ただ、高気圧の縁をまわるようにして、湿った空気が流れ込みやすいでしょう。関東は各地とも晴れる見込みです。日差しが強いため、お出かけの際は紫外線対策を万全にした方が良いでしょう。特に最も紫外線が強くなる昼前後の時間帯は注意が必要です。風は弱く、穏やかに経過するでしょう。降水確率は各地とも午前、午後を通して20%以下と低くなっていますが、夕方以降は栃木県や群馬県で局地的に雨雲が発生する見込みです。晴雨(はれあめ)兼用の傘があると役に立つでしょう。

【関東の最高気温(16日:木曜)】
午前5時現在の各地の気温は平野部が16度前後、山沿いは12度前後となっています。きょう(16日:木曜)の日中は多くの日差しでグンと上昇するでしょう。熊谷や前橋などの内陸部は25度の夏日になる見込みです。東京都心や宇都宮も24度で汗ばむ陽気でしょう。湿った空気が流れ込むため、カラッとした暑さではなく、ムシムシと感じられそうです。湿度は60%前後で経過する所がほとんどでしょう。風通しをよくしてお過ごし下さい。夜8時頃になっても気温は20度前後と高めで、夜になっても寒さはないでしょう。