今日(8日)の道内は非常に強い寒気の影響で厳しい寒さとなっています。

●各地の最高気温でも氷点下!

今日(8日)15時までの最高気温は氷点下4度前後で、最も気温が高かった松前でも氷点下1度と各地で肌をさす様な厳しい寒さとなっています。この時間までプラスの気温に届いた所は、道内173ある観測地点のうち1地点もありません。このまま全道で真冬日となれば、12月上旬としては2002年以来16年ぶりのこととなりそうです。
昨日(7日)は、最低気温が氷点下5.8度、最高気温が氷点下1.9度とこの冬初めての真冬日となった札幌。今日の15時までの最高気温は氷点下5.1度で、このまま2日連続で真冬日となってしまいそうです。

●寒気は週明けまで居座る

今夜(8日)から明日(9日)朝にかけて北海道の上空にはマイナス40度以下の真冬でもたまにしか入らない非常に強い寒気が流れ込んでくる見込みです。
道内の広い範囲に低温注意報が発表されています。明日の朝の冷え込みも各地で強く、水道凍結に注意が必要です。東部の内陸では明日も氷点下20度前後の冷え込みとなる所がありそうです。
この非常に強い寒気は月曜日(10日)まで居座ってしまいそうです。この影響で各地の最高気温は平年より7度前後も低く、真冬並みの寒さが続く見込みです。外出の際はマフラーや手袋、耳あてなど万全の防寒対策を心掛けた方が良さそうです。