9日と10日は広く今季一番の強い冷え込みに。昼間も厳しい寒さです。寒気の流れ込みがひと足遅れた関東も一段と寒くなるでしょう。

●列島が真冬の寒気にすっぽり

8日(土)、日本付近には日本海側から真冬並みの強い寒気が流れ込み、朝は所々で今シーズン一番の冷え込みとなりました。北海道では今季全国で初めて気温が氷点下20度以下と、まつ毛に霜がつくほど厳しい冷え込みとなった所も。昼間も気温は上がらず、最高気温は広い範囲で今季最も低くなりました。8日(土)夜には関東など太平洋側も含めて広い範囲に真冬並みの寒気が流れ込むでしょう。

●日曜の朝 全国の半数で冬日か

このため9日(日)は全国的に冷え込みが強まります。朝の最低気温は九州から近畿と、東北や北海道で今シーズン最も低くなる所が多いでしょう。西日本の市街地でも3度前後まで気温が下がって、霜が降りたり氷が張ったりするほど冷えそうです。全国にあるアメダスの約半数で冬日(日最低気温が0度未満)となる予想で、仙台では今季初めて冬日となる可能性があります。日中も厳しい寒さが続きます。最高気温は広い範囲で真冬並みで、九州から関東は10度前後、北陸や東北南部は5度前後、東北北部は0度前後の予想です。北海道は0度以下で、一日中氷点下となる所が多いでしょう。

●月曜もまだまだ寒い

朝晩の強い冷え込みや日中の厳しい寒さは、週明け10日(月)も続きます。強い寒気が居座る中、次第に冬型の気圧配置が緩んで風が弱まるため、放射冷却が強まるでしょう。このため10日(月)が全国的な朝の冷え込みのピークとなる可能性があり、最低気温は9日(日)よりさらに低くなる所もあるでしょう。特に関東では広い範囲で今季一番の冷え込みとなって、都心でも朝の通勤・通学時に手袋やマフラーが欠かせなくなりそうです。日中は、西日本では寒さが幾分和らぐ所もあるものの、全国的に寒さが続くでしょう。

日本列島は師走らしからぬ暖かさから一転、真冬のような厳しい寒さに見舞われています。体にこたえる急激な気温変化となっていますので、体調を崩さないよう、お気をつけください。