きょう8日、強い寒気が流れ込み、昼間も厳しい寒さに。広い範囲で最高気温が今季最も低くなり、福岡や広島など西日本で今季初めて10度に届かない所が多くありました。

●寒さに震える列島

きょう8日、日本付近には今季これまでで一番強い寒気が流れ込みました。このため全国的に厳しい寒さとなり、広い範囲で最高気温が今季最も低くなりました。九州や中国、四国では真冬のような寒さで、午後3時までの最高気温は、鹿児島9度0分、福岡7度7分、松山7度8分、広島6度8分、岡山8度9分と、いずれも今季初めて10度に届きませんでした。近畿から東海、北陸も空気が冷たく、大阪は11度5分、名古屋は10度7分、初雪&初積雪となった新潟は4度6分と、今季初めて5度未満に。関東もきのうより5度前後低く、師走らしい寒さとなりました。東北や北海道は凍てつくような寒さで、青森は氷点下1度3分、札幌は氷点下5度1分までしか上がっていません。北海道では午後3時現在、道内にあるアメダスの全地点で0度未満となっており、今季初めて全道真冬日(日最高気温が0度未満)となる可能性があります。
※最高気温は午後3時までの値です。

●日曜も厳しい寒さ続く

強い寒気はあす9日も日本付近に居座り、各地で厳しい寒さが続くでしょう。最高気温はきょうよりさらに低くなる所もありそうです。体を冷やさないよう、暖かくしてお過ごしください。