北海道では、一昨日(29日)、昨日(30日)と岩見沢など局地的に大雪にみまわれました。日本海側の地域では一気に積雪が増えた所もありますが、今日(1日)も大雪となる所がありそう。交通障害などに注意が必要です。

●積雪70センチ超え!

今週の北海道は局地的に大雪となり、岩見沢などの空知南部や幌加内、音威子府などの上川北部で一気に積雪が増えました。午前10時現在の積雪の深さは上川北部の幌加内で最も多く74センチ、次いで幌加内町朱鞠内で67センチ、音威子府で62センチなどとなっています。幌加内では昨夜から今朝にかけて雪が強まり、明け方に積雪が70センチを超えました。

●さらに積雪が増える所も

今日(1日)も低気圧を含む気圧の谷が通過するため、日本海側や太平洋側西部で湿った雪が降りやすく、昼過ぎにかけては一時的に降り方が強まることもあるでしょう。また、低気圧に近い道南では雨に変わる時間もありそうです。午後はオホーツク海側などでも雪の降る時間がある見込みです。今日も大雪となる恐れがあり、夕方6時までの12時間で降る雪の量は日本海側で広く15から20センチ、北空知や中空知、石狩北部、上川北部では多い所で30センチの予想です。湿った重い雪で雪かきも大変になりそうです。また、交通障害や電線などへの着雪などにも注意が必要です。
明日(2日)には天気が回復し、晴れる所が多くなります。来週始めにかけては気温がぐんぐん上がり、来週火曜日は最高気温が10度を超える所が多くなりそうです。一気に積雪が増えた地域では、なだれや屋根からの落雪に十分注意をして下さい。