師走スタートのあす(1日)は北日本で荒れた天気に。あさって(2日)以降は低気圧や前線の影響で、本州付近も天気が下り坂です。傘が必要なのはいつ?

●師走スタート、北日本で荒れた天気

あす1日(土)、北日本を低気圧が発達しながら通過し、上空5500メートル付近には平年より3度から7度くらい低い寒気が流れ込む見込みです。北海道と東北の日本海側では雪が降り、東北では風も強まって荒れた天気になる所があるでしょう。ふぶいて見通しの悪くなる所もあるため、車でお出かけの場合はお気を付けください。また、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうなどにも注意が必要です。特に東北北部では平野部でも積雪になる所がありそうです。また沿岸では暴風が吹いて、夕方にかけて海はしけるでしょう。北陸でも雨が降りやすく、昼ごろまではカミナリの鳴る所がありそうです。関東から西は晴れる所が多く、お出かけ日和になりますが、日本海側では雲が広がりやすいでしょう。
日中の気温は、平年より高めの所が多く、晴れる地域では日差しのぬくもりを感じられそうです。一方、北海道は朝からあまり気温が上がらず、昼間も寒さが続きます。風邪を引かないように暖かくしてお過ごしください。

●日曜日は広く晴れるも、西から下り坂

あさって2日(日)は、全国的に移動性の高気圧に覆われて、日中は晴れる所がほとんどです。北日本や北陸も晴れ間が出て、風もおさまるでしょう。ただ西から気圧の谷が近づいてくるため、天気は下り坂です。九州南部で雨が降りだすでしょう。3日(月)から4日(火)にかけて、低気圧が発達しながら北日本に近づき、湿った空気が流れ込みそうです。九州から関東は広く雨具の出番となるでしょう。ただ暖かい南風で、雨でも気温は上がる見込みです。東北南部や関東から西では、最高気温が20度前後となり、10月上旬並みの暖かさとなる所もあるでしょう。その後、本州付近を寒冷前線が通過して、上空には北日本を中心に一段と強い寒気が流れ込み、この雨を境にふたたび寒くなりそうです。来週は気温の変動が大きい一週間となりますので、体調管理にお気を付けください。