前線が通過するため、全国的に大気の状態が不安定。今朝、雨の降っていない所も、日中は急な雨や雷雨に注意。傘があっても濡れてしまうほど激しく降る所も。

●きょうの天気

今朝は、前線に伴う雨雲が西日本を通過中で、特に四国で雨が強まったり、雷雨になっている所があります。雨雲やカミナリ雲の発達しやすいエリアは、次第に東へ移ります。
【各地の天気(西から)】
沖縄は、晴れ間はあっても雲が広がりやすく、午前も午後もにわか雨の所があるでしょう。
九州は、朝のうちは曇りや雨です。昼前からは晴れてくるでしょう。
中国と四国は、昼前まで雨や雷雨の所があるでしょう。午後は日差しが戻ります。
近畿から関東は、午前も午後も急な雨にお気を付けください。特に雨雲が発達しやすい時間帯は、近畿と東海は昼過ぎまで、北陸と関東は昼頃から夕方でで、局地的には激しく降るでしょう。
東北や北海道も、すでに湿った空気の影響で所々で雨が降っています。昼過ぎから今夜にかけては、カミナリを伴い激しく降る所がありそうです。
さらに、沿岸部を中心に南風が強まり、横殴りの雨になる所もあるでしょう。

●きょうの最高気温

全国的に、南寄りの風が吹くため、雨でも気温は上がります。きょうも、平年より高い所が多いでしょう。
沖縄はきのうと同じくらいで、那覇は27度の予想です。
九州から近畿、北陸も広く20度を超えて、上着いらずの所もあるでしょう。鹿児島は23度、福岡は21度、高知は25度、広島は22度、大阪は23度、金沢は24度の予想です。
東海と関東、東北も、日差しがないわりに寒さはなさそうです。名古屋と東京は19度、仙台は18度、秋田は21度でしょう。
札幌と釧路で12度など、北海道も、この時期としてはやや高めの予想です。