あす(7日)は、台風から変わる温帯低気圧が日本海を北東へ進み、北日本に近づきます。本州付近は強い南風で気温が上昇。都心など関東では10月なのにまた広く真夏日になりそう。

●7日、都心など関東でまた真夏日に

きょう(6日)、フェーン現象で気温がグングンあがった北陸では広く最高気温が30度以上の真夏日となりました。新潟県上越市大潟区では午後1時までに35度7分まであがって猛暑日となったほか、三条市では午後3時までに36度0分まであがり、10月としては観測史上全国で最も高い気温になりました。関東も南風と日差しで気温が上昇。東京都心と横浜の最高気温はそれぞれ29度3分で真夏日に迫る暑さとなったほか、練馬区やさいたま市などで30度を超えるなど、真夏日となった所もありました。
あす(7日)は、台風25号から変わる温帯低気圧が日本海を北東へ進み、北日本に近づく見込みです。本州付近ではあすも南からの暖かい風が強めに吹くでしょう。たっぷりの日差しも加わって関東でも気温がさらに上昇。あすの予想最高気温は東京都心は31度。内陸のさいたまや宇都宮では32度まであがるなど、関東にあるアメダスの半数以上で真夏日になり、きょう(6日)よりもさらに厳しい暑さでしょう。湿度も高く季節外れの蒸し暑さとなりそうです。3連休の真ん中、屋外でのレジャーなどを予定されている方は、こまめに水分を補給したり、時折日陰で休憩をとるなどして、熱中症に十分お気を付けください。
あさって(8日)は風が北よりに変わって、極端な暑さは収まりそうです。関東の最高気温は25度から26度くらいで、比較的過ごしやすいでしょう。