北海道は、7日(日)に台風25号の接近により大荒れの天気となるおそれ。また、台風接近前の6日(土)から前線の影響で太平洋側を中心に雨が降り始める見込み。台風への備えは、早めにお願いします。

●暴風域を伴ったまま接近

大型で強い台風25号は、暴風域を伴ったまま7日(日)に北海道にかなり接近する見込みです。北海道に近づくときには強い勢力ではなくなると見ていますが、それでも強い風に十分注意が必要になります。また、雨雲があまり衰えずにしっかりした状態で北海道に近づくおそれがあり、大雨をもたらしそうです。

●被災地で雨量が多くなるおそれ

前線の北上により雨の降り始めは台風の接近よりも早く、6日(土)からとなるため、台風への備えはできるだけきょう(5日)中にお願いします。6日(土)は太平洋側を中心に雨が降り、厚真町周辺など地震の被害が大きかった地域で7日(日)にかけて雨の量が多くなりそうです。
予想される雨の量は、
・5日18時から6日18時までの24時間
日本海側南部、太平洋側西部:50ミリ
・6日18時から7日18時までの24時間雨量
日本海側南部、太平洋側西部:100~150ミリ
その他の地域:50~100ミリ
道内は、きょうも大きな地震がありました。これまでの地震で地盤が緩んでいるため、少しの雨でも土砂災害に警戒をして下さい。