近畿地方では、秋雨前線や台風25号の影響で、きょうから日曜日にかけて雨が降りやすいでしょう。特に、週末は台風25号の暴風域に入り、大荒れの天気になる恐れもあるため、今後の情報に注意が必要です。

●危険半円

台風の進行方向に向かって右側は、台風自身の風速に台風の移動速度が加わって、風速が強くなるため、危険半円と呼ばれます。台風が少し離れた所を通っても、危険半円に入る地域は、強い風に注意・警戒が必要です。

●台風25号の近畿への影響

台風25号は、週末は日本海を北東に進み、近畿地方が危険半円に入る可能性が高くなっています。広い範囲で風が強まり、被害が出る可能性があるため、大阪府北部地震や台風21号の被害を受けてブルーシートを使用している建物や、立てつけの悪くなっている看板等は、早めに点検をするようにしてください。また、沿岸部では高波や高潮の恐れもあるため、今後の気象情報に注意をしてください。

●いつごろ暴風域に入る?

tenki.jpでは、気象庁から発表がある場合に、台風の暴風域に入る確率を72時間先まで6時間毎に掲載しています。台風の動き次第で、風が強まる時間帯が変わってきますので、以下のリンク先から最新の情報を確認して、対策にお役立てください。