九州は帯状に広がる雲に覆われており、南部を中心に大気の状態が不安定になっています。九州南部はこれから夜のはじめ頃にかけて局地的な大雨となるおそれがありますので、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒・注意してください。

●局地的に猛烈な雨

九州付近は秋雨前線の雲に覆われており、前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、九州は南部を中心に大気の状態が不安定になっています。宮崎県の都農町付近ではきょう(12日)午前11時までの1時間に、およそ90ミリの猛烈な雨(解析雨量)が降ったと見られます。また、きょう(12日)午後4時までの24時間に降った雨の量は宮崎県の日向市225.0ミリ、都農町203.0ミリ、鹿児島県の屋久島町尾之間145.5ミリなど、九州南部は局地的な大雨となっています。

●土砂災害などに警戒・注意 九州南部

九州南部はこれから夜のはじめ頃にかけて局地的に雷を伴い1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。今夜日付が変わる頃までは土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水などに警戒・注意してください。発達した積乱雲の下では落雷や激しい突風を伴うことがあるので、気をつける必要があります。