11日(火)の都心の最高気温は10日(月)よりもぐっと低くなりそうです。ようやく残暑がおさまりそうですが、気温の変化が大きいため、体調管理にご注意ください。

●10日(月)は真夏日地点が少なく

関東地方は、この週末は強い日差しが照りつけて気温が上がり、最高気温30度以上の真夏日の所が多くなりました。しかし、10日(月)は一転、日差しはほとんどなく、真夏日の所はぐっと減りました。都心では30.6度でしたが、9日(日)よりも2度低くなりました。

●11日(火)の都心 最高気温24度 一気に7度ダウン

11日(火)の関東地方はさらに気温が下がり、各地で最高気温は25度前後となりそうです。都心は24度の予想で9月下旬並み。10日(月)よりも一気に7度も低くなる予想です。日中は雲に覆われて日差しがほとんどないため、10日(月)より一段と涼しく感じられるでしょう。お出かけにはカーディガンなど羽織るものがあったほうが良さそうです。

●夜間もぐんと涼しく 体調管理に注意

最低気温も10日(月)よりも低い所が多いでしょう。昨晩は寝苦しく感じられた所も、11日(火)朝までの最低気温は都心は21度と10日(月)よりも4度も涼しくなりそうです。

●関東 しばらく曇りや雨 残暑おさまる

関東地方は、16日(土)くらいまで、しばらく曇りや雨の日が続き、最高気温は各地で30度に届かない見込みです。都心では平年ですと9月21日くらいまで真夏日になることが多いため、まだこの先も30度前後まで上がって厳しい残暑になることもありそうです。これから気温の変化が大きくなる時期です。体調を崩さないようにご注意ください。