秋雨前線の影響で、東北も局地的に大雨となっています。10日今夜はがけ崩れや山崩れ、河川の増水など、大雨による災害に警戒してください。あす11日(火)以降は、一転して青空が広がり、秋晴れの時間が長くなるでしょう。澄んだ秋の空が期待できそうです。

●大雨 あす11日(火)明け方まで

きょう10日(月)も東北地方は秋雨前線の影響で、発達した雨雲がかかり、大雨となっているところがあります。日本海側で大雨となっていましたが、秋雨前線はこのあと南へ移動するため、大雨の範囲も太平洋側へ移るでしょう。あす11日(火)明け方にかけては、まだ所々で強い雨の降るおそれがあります。これまでに降った雨で地盤が緩んでいる可能性がありますので、土砂災害に厳重な警戒が必要です。急な斜面や増水した川には近づかないようにしましょう。
また、雨が上がって気温の下がる10日今夜は、霧の出るところが多くなりそうです。見通しが悪くなりますので、車で峠付近や高速道路を走行する方は、運転に十分にご注意下さい。

●大雨のあと一転 爽やかな青空

あす11日(火)は、雨の残る宮城県や福島県でも明け方までで、日中は北部中心に秋晴れとなりそうです。秋雨前線は海上へ抜けて、北からは秋の空気を持った高気圧が日本海に移動してきて、東北地方を覆うでしょう。青森県、秋田県、岩手県の内陸に、さわやかな空気を運んできてくれそうです。空気がカラッと乾いてきますので、これまでにたまった洗濯物もようやく片づけられるでしょう。布団を干すのも良さそうですね。
今週は東北地方が高気圧の通り道となりますので、北部を中心に、秋晴れの日が多くなりそうです。爽やかな青空が気持ちいいでしょう。宮城県や福島県の太平洋側では湿った東風が入りやすく、低い雲の広がる可能性もありますが、大きく天気が崩れることはなさそうです。今週は晴れた日に、秋物の準備を始めると良いでしょう。暖房器具のお手入れも、本格的に稼働させる前に済ませておくと安心ですね。

●秋は1日の気温差大

秋は朝晩と日中の気温の差が大きくなる季節です。今週は、日中は25度~28度くらいのところが多く、まだ夏物も手放せません。でも、朝の気温は15度前後の日が多く、1日の気温差は10度以上となりそうです。日中は日差しが出ると過ごしやすいですが、朝晩はひんやりと感じられますので、着たり脱いだりしやすい羽織るものがあると便利でしょう。1日の気温差に対応できるようなコーディネートを楽しんでくださいね。