きょう7日(土)は春の気温から一転、関東から九州、沖縄にかけて気温が急降下。冬の寒さに逆戻りする所も。次第に真冬並みの寒気が流れ込み、あす8日(日)にかけて山沿いでは雪の所もあるでしょう。

●7日(土)の天気

7日は、低気圧や前線が離れて、次第に上空には寒気が流れ込むでしょう。東北の太平洋側や関東から九州にかけては雲が多めですが、晴れ間もあるでしょう。ただ、沿岸部を中心に風の強い状態が続きます。強風や高波にご注意ください。日本海側では次第に所々で雨や雪が降る見込みです。山沿いを中心に雪となるでしょう。車でお出かけの際は、ご注意ください。また、きのう6日の夕方からきょう7日の朝にかけて、中国地方や九州の所々で黄砂が観測されました。引き続き、中国地方や九州・奄美など西日本を中心に黄砂が流れ込む見込みです。洗濯物を外に干す際にはご注意ください。
<最高気温>北と西では気温の変化に違いがありそうです。北海道や東北では6日(金)よりも高くなる所が多いですが、関東から九州、沖縄にかけては、6日(金)よりも大幅に低くなる所が多いでしょう。それでも関東では20度以上の所が多いですが、東海や近畿は15度前後、中国、四国、九州は15度に届かない見込みです。特に九州や沖縄は冬の寒さに逆戻り。上着がないと寒いかもしれません。

●8日(日)の天気

8日(日)にかけて、北日本から西日本には真冬並みの寒気が流れ込む見込みです。北海道と東北、北陸や山陰では午前中を中心に雨や雪の降る所が多いですが、次第に晴れ間が出てくる見込みです。関東から九州にかけては、山沿いでは午前中は雪が降る所がありますが、平地ではおおむね晴れるでしょう。ただ、日差しがあっても冷たい空気に包まれて空気がヒンヤリするでしょう。
<最高気温>7日(土)よりもさらに下がって、沖縄以外は20度に届かない見込みです。東京都心では15度の予想。25度を超えた4日(水)よりも10度以上も低くなるでしょう。日陰ではぐっと寒さを感じますので、お出かけの際は上着があったほうが良いでしょう。気温差が大きくなりますので、体調を崩さないようにご注意ください。