13日は東海や北陸、関東、東北を中心に一日の寒暖差が大きくなるでしょう。朝と昼との気温差は20度以上になる所も。場所によっては年に何度もないような気温差になりそうです。

●火曜はさらに広い範囲で気温差大

12日は、朝から穏やかに晴れた西日本で一日の気温差(朝の最低気温と、日中の最高気温との差)が大きくなりました。その差が20度以上となった所もあり、朝は暖房が必要な寒さだったのに、昼間はシャツ一枚で過ごせるくらい気温が上昇しました。13日は、東海や北陸、関東、東北を中心に寒暖差のかなり激しい一日になるでしょう。

●朝は冷え込み、昼は気温急上昇

13日の朝は広く高気圧に覆われ、晴れて放射冷却の強まる所が多いでしょう。上の図のように、朝の最低気温は中国、四国から関東で広く5度以下、北陸や東北、北海道は氷点下となる見込みです。午後5時現在、中国・四国から東海では霜注意報の発表されている所があり、霜が降りるほど冷え込みの強い所もありそうです。一方、日中は日差しがたっぷり届く上に、きょうより一段と暖かい空気が南から北までスッポリと覆います。最高気温は12日より5度前後高く、北陸や東北では10度くらい高くなる所もあるでしょう。

●年に何度もない気温差の所も

このため内陸部を中心に一日の寒暖差がかなり大きくなります。特に東海や北陸、関東、東北では、朝と昼との気温差がきょうよりさらに大きくなり、年に何度もないような差になる所もありそうです。朝はまだ冬のコートが必要な冷え込みですが、日中は上着なしでも過ごせる所があるでしょう。これだけ短い時間に気温の激しいアップダウンがあると、体がまいってしまいそうです。朝は寒さ対策をしっかりしつつ、昼間に脱ぎ着しやすい服装を選んで調節してください。