3月に入って、春と冬が行ったり来たり。気温の変化が大きくなっていますが、この先は春まっしぐら!沖縄や九州だけでなく、本州でも夏日の日が出てきそうです。

●★3月10日〜16日 後半は春本番に 5月並みも

来週は、全国的に晴れる日が多くなるでしょう。気温も日に日に上がり、平年より高くなる見込みです。
特に、14日頃からは関東から西では20度以上の所が多く、関東の内陸では25度近くまで上がる所がありそうです。この暖かさで、花粉がピークを迎える所が多くなるでしょう。北日本も気温が上がり、東北でも一部で20度くらいまで上がる見込みです。積雪の多い所は、雪解けが急速に進む可能性があります。スキーなど雪山のレジャーに行かれる方は雪崩に十分な注意が必要です。

●★3月17日〜23日 春本番の暖かさ続く

北日本日本海側では、天気は数日の周期で変わるでしょう。北日本太平洋側と東・西日本では、天気は数日の周期で変わりますが、前線や湿った空気の影響で、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。
気温は引き続き、全国的に平年より高くなるでしょう。寒の戻りはあっても、一時的となりそうです。関東から西では桜の季節に入る所もあるでしょう。

●★3月24日〜4月6日 春爛漫

日本海側では、天気は数日の周期で変わるでしょう。北日本太平洋側では、天気は数日の周期で変わりますが、湿った空気の影響で、平年に比べ晴れの日が少ない見込みです。東・西日本太平洋側では、天気は数日の周期で変わり、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美では、気圧の谷や湿った空気の影響を受けにくく、平年に比べ曇りや雨の日が少ない見込みです。
気温は、関東から西はほぼ平年並みで、桜の開花も順調に進みそうです。暑いくらいの日も出てくるかもしれません。北日本にも暖かな空気が入り、過ごしやすい日が多くなりそうです。