大分県佐伯市では、きょう(8日)だけで降水量が120ミリを超えています。3月は比較的雨の少ない時期ですが、5月から10月に降るような大雨になっています。

●九州・四国で夏のような大雨

九州や四国では、3月にしては雨の量が多くなっています。
大分県佐伯市では、24時間降水量が130ミリを超えました(午後2時半まで)。24時間雨量が100ミリを超えたのは、昨年(2017年)10月29日以来です(2017年10月28日〜29日の総雨量140.5ミリ)。また、3月としては1976年の統計開始以来一番多い記録です。
このほか、高知県四万十市の中村では、24時間降水量が180ミリ超え(午後2時半まで)。こちらも、24時間雨量が100ミリを超えたのは、昨年(2017年)10月29日以来です(2017年10月28日〜29日の総雨量306.5ミリ)。また、3月としては1976年の統計開始以来一番多い記録です。

●発達した雨雲は東へ移る

発達した雨雲は今夜は東へ移り、近畿や東海、関東で大雨の恐れがあります。風も強まりますので、お帰りの際は、横殴りの雨で傘があおられないようご注意ください。念のため、交通情報もご確認ください。