明日8日(木)~10日(土)は再び荒れた天気に。太平洋側を中心にバケツをひっくり返したような激しい雨が降るでしょう。局地的には滝のような非常に激しい雨が降りそうです。雨が長い時間降り、大雨に警戒。

●広く荒天

3月に入り、発達する低気圧の影響で、度々春の嵐になっていますが、明日(8日)から10日(土)にかけてまた荒れた天気になるでしょう。
今回も南から暖かく、湿った空気が次々と流れ込むため、太平洋側を中心に広い範囲で激しい雨が降り、非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。激しい雨や非常に激しい雨とは傘が役に立たないような降り方で、道路が川のようになってしまうこともあります。特にアンダーパスなど低い道路の冠水に注意が必要です。
また、今回の低気圧は動きが遅いため、雨が長い時間降る予想で、大雨となる恐れがあります。沿岸部を中心に風も強く、横殴りの雨になるでしょう。交通機関への影響にも注意が必要です。

●各地のピークは

【九州・四国】明日(8日)は一日雨で、昼頃から夜にかけて激しい雨の降る所があるでしょう。9日(金)にかけて断続的に雨が降りそうです。
【中国・近畿・東海・北陸】明日(8日)は昼前から雨が降りだし、夜は雨脚が強まるでしょう。9日(金)の午前中が雨のピークになりそうです。朝の通勤・通学の時間帯とピークが重なりますので、交通機関への影響にご注意下さい。10日(土)にかけても所々で雨が続き、雨量が多くなるでしょう。また、標高の高い所では雪になりますので、峠越えの車は路面状況の変化にも注意が必要です。
【関東】明日(8日)は昼前から雨が降りだし、本降りの雨に。帰宅時間帯はザーザー降りの雨になりそうです。9日(金)の朝から夕方にかけてが雨のピークとなるでしょう。10日(土)も午前中を中心に雨が残り、長い時間雨が降るでしょう。春の嵐となった3月1日や5日より雨量が多くなる見込みです。
【東北】明日(8日)の夕方から雨が降りだすでしょう。9日(金)は一日雨で、雨脚が強まりそうです。積雪の多く残る所では雪どけが進みますので、川の増水や道路の冠水、雪崩にご注意下さい。10日(土)は日本海側では雪に変わる所もありそうです。
【北海道】9日(金)湿った雪や雨が降るでしょう。今シーズン一番の大雪となる所もある見込みです。交通機関への影響にもご注意下さい。