関東は、7日は季節が逆戻りして、また「真冬の寒さ」に。東京は10日ぶりに最高気温が「ひと桁」の予想。最高気温が20度以上の日を経験した後だけに、寒さが体にこたえそう。そんな「冬の寒さ」は終わりが見えそうですが、週末は「春の嵐」に注意。

●昼間も「冬コート」が必要なのは

6日は、北風が吹いて、5日ほどの暖かさはありませんでしたが、7日は寒の戻りとなるでしょう。東京は、7日の最高気温が9度と、10日ぶりに10度に届かなくなりそうです。東京では、3月に入って最高気温が20度を超えた日が、すでに2回ありましたが、春らしい暖かさを体験した後だけに、また真冬並みの寒さになると、気温の差で体調を崩しやすくなりそうです。そのほかも、最高気温は真冬並みの所が多く、昼間も冬のコートに、マフラーなどが欠かせなくなるでしょう。しっかり着込んで、お出かけ下さい。
ただ、「昼間も冬のコートが必要」という寒さは、いよいよ終わりが見えてきました。東京の予想最高気温に注目しますと…

東京の予想最高気温は、週末は、15度前後まで上がる日が多いでしょう。来週前半は、20度近い日が増えそうです。最低気温は、まだひと桁なので、朝晩は冬のコートが必要ですが、昼間は冬のコートが邪魔になる日が増えるでしょう。そろそろ春物の洋服を楽しみたい時期ですが、朝晩と昼間では服装選びに、お気を付け下さい。

●今回の「春の嵐」のポイントは

そして、週末は気温は春らしくなりますが、天気は次第に「春の嵐」となりそうです。東京では、8日~10日は傘マークが並んでいます。今のところ、低気圧が近づく前から雨が強まるので、雨の降る時間が比較的長いのがポイント。8日午後~9日日中は、まとまった雨になるでしょう。そして9日は、雨だけでなく南風も強まりそうです。傘があおられたり、沿岸部を走る車は、風にあおられて運転しにくくなることも考えられますので、注意が必要です。
春は、気温も天気も変わりやすいので、天気予報をこまめにチェックして下さい。