日本列島は強烈な寒波に見舞われていますが、土曜日からの三連休は日によって、場所によって、天気が目まぐるしく変わりそうです。お出かけの際は、最新の情報をチェックして。

●西日本 雨のち厳寒へ 日本海側は大雪の恐れ

10日(土)は、朝から雨の所が多く、太平洋側を中心に雨脚の強まる時間もありそうです。ただ、南風が吹くので、気温は10度以上。これまでのような、厳しい寒さは和らぎそうです。
11日(日)になると、次第にまた強烈な寒気が入って、気温は急降下。山陰や福岡など九州北部は雪が降り出します。太平洋側は晴れる所が多いですが、気温はまた10度を下回り、風が冷たく感じられます。
12日(月)は、山陰はまた大雪の恐れがあり、九州や四国の平地でも積雪の可能性があります。気温は各地で平年を下回り、震えるような寒さでしょう。
※山陰など積雪の多い所は、この先、路面状況がかなり変化しそうです。交通障害など十分ご注意ください。

●東海・関東甲信 気温の急変に注意

10日(土)は、本州の南岸を通る低気圧の影響で、午後は次第に雨の範囲が広がるでしょう。今の所、平野部は雨の予想ですが、長野など内陸や山沿いでは雪の降る可能性があります。南風が入り、気温はようやく平年並みか平年より高くなりそうです。
11日(日)の日中は天気が回復。暖かな空気と日差しで、気温は関東の南部を中心に15度くらいまで上がる可能性があります。ただ、気温が上がっても一時的。
12日(月)は、寒気が入り、晴れても気温は再び10度以下になりそうです。

●北陸から北海道 月曜日は再び大雪の恐れ

10日(土)は、夜には広い範囲で天気が崩れるでしょう。今の所、北陸や東北は気温が高めで、雨の所が多そうです。北海道も平年より高く、湿った雪になるかもしれません。
11日(日)は、日本海側からだんだん寒気が入り、午後はぐっと寒くなってきます。夜には雨の所も雪に変わってきそうです。
12日(月)は、日本海側を中心に雪の降り方が強まり、再び大雪の恐れがあります。今後の情報にご注意ください。
※この先、雨に変わったり、再び雪が積もったりで、雪崩が起こりやすくなります。スキーなど雪のレジャーを予定されている方は十分ご注意ください。