台風18号や前線の影響で、関東地方は今夜(17日)遅くなるほど雨や風が強まります。あす18日の明け方にかけては局地的に激しい雨が降り、沿岸部では立っていられないくらいの非常に強い風が吹くでしょう。

●台風の進路は

大型の台風18号は、きょう17日午前11時半頃に鹿児島県南九州市付近に上陸しました。今夜にかけて西日本を縦断する見込みです。台風18号は関東からやや離れて通りますが、南海上に停滞している前線が、台風の接近に伴って活発化しつつ、関東地方を北上するでしょう。関東地方は今夜(17日)遅くなるほど雨や風が強まります。

●雨のピークは?

きょう午後は次第に雨の降り方が強まるでしょう。夜遅くなるほど活発な雨雲がかかりやすく、伊豆諸島ではきょういっぱいは滝のような非常に激しい雨が降る見込みです。関東地方はあす18日の明け方にかけてバケツをひっくり返したように激しく降る所があるでしょう。雨は強弱をつけて降るため、いったん雨がやんだり弱まったりしても油断できません。急に降りだす激しい雨にご注意ください。道路が川のようになったり、アンダーパスなど低い所を通る道路は冠水したりすることが考えられますので、車の運転は注意が必要です。

●風のピークは?

今夜は南風に変わって、日付が替わる頃からは急激に風が強まります。沿岸部では立っていられないくらいの非常に強い風が吹くでしょう。細い木の幹が折れたり、道路標識が傾いたりするほどの強さです。今夜遅くから、あすの明け方にかけてが風のピークとなりますが、あすの昼頃までは風の強い状態が続くでしょう。交通機関に影響が出る恐れもありますので、最新の台風情報と交通情報を確認してください。

●18日の日中は急な暑さに注意

なお、台風が遠ざかった後は、急な暑さに注意が必要です。きょう17日は正午を過ぎても気温が20度に届いていない所が多く、10月並みの肌寒さとなっていますが、あす18日の最高気温は広い範囲で30度以上と、きょうより10度以上高くなるでしょう。内陸部では35度近くまで上がる所もあり、体にこたえる気温変化となりそうです。熱中症にならないよう、対策をとりましょう。