• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • DHC
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • LiveMe
  • MATCHNOW
  • じゃらん

MotorFanの記事一覧

モンキー125にはオールドスタイルのマフラーがよく似合う。ヨシムラ入魂の新型サイクロンが近日発売予定! 東京モーターサイクルショー2019

2019.03.23 19:49

レースでも活躍するバイクパーツメーカー「ヨシムラJAPAN」が手掛けた、赤×黒ツートンの“ヨシムラカラー”に彩られたモンキー125改。武骨なフォルムの機械曲ストレートサイクロンマフラーなど、注目のアイテムでカスタマイズされている。...続きを読む

【発見】1台で自転車&電動アシスト自転車&電動バイクマルチの3役こなす「パンテーラ3 RS」/東京モーターサイクルショー2019・プロト

2019.03.23 19:42

バイク用のパーツやアイテムをリリースする「プロト」が参考出品した電動バイク「パンテーラ3 RS」。自転車、電動アシスト自転車、電動バイクの3通りの使い方ができる、ユニークなマルチモデルだ。 PHOTO/REPORT●北 秀昭(KI...続きを読む

OVERレーシング提案のモンキー125は”約14万円のチタンホイール”入りです/東京モーターサイクルショー2-19

2019.03.23 19:26

高性能チタンマフラーやアルミ削り出しパーツでおなじみの「OVERレーシング」が手掛けた、豪華アイテム満載のモンキー125カスタム。注目のパーツが随所に投入されたフォルムを徹底チェック! PHOTO/REPORT●北 秀昭(KITA...続きを読む

満を持して登場したホンダCB650R、その中身がなかなか凄い!

2019.03.23 19:17

久々にヒットの予感を覚えたCB-Rシリーズ。1000を筆頭に250と125が発売されていたホンダ新世代CBブランドの最新スーパーネイキッドである。同シリーズ最後を飾るミドルクラスのCB650Rがついに国内デビュー、3月15日から新...続きを読む

50ccモンキーの人気カスタムメニューがモンキー125にも! トルネードマフラーがズッドーン/東京モーターサイクルショー2019・シフトアップ

2019.03.23 19:01

東単ブースでは、モンキー用やエイプ用などの4MINIパーツをリリースする「シフトアップ」が手掛けたモンキー125カスタムを展示。管長を稼いだトルネードマフラーなど、個性溢れるパーツ群でチューニングされたフォルムに注目! PHOTO...続きを読む

【原付&普通免許OK】電動バイクがオシャレ時代に突入⁉️ 「Munro e-Bike」/東京モーターサイクルショー2019

2019.03.23 18:51

バイク用パーツやバイク用アイテムをリリースする「プロト」が参考出品した電動バイク「Munro e-Bike」。高いファッション性と乗る楽しさを追求した、ユニークなモデルだ。 PHOTO/REPORT●北 秀昭(KITA Hidea...続きを読む

【これカワイイ!!】原チャリ界の名車「モンダビ」がモンキー125で大復活! 東京モーターサイクルショー2019・キジマ

2019.03.23 18:45

バイクパーツメーカー「キジマ」がプロデュースした、モンキー125ベースのカスタム。モンキーとハーレーダビッドソンが融合した、別名「モンダビ」だ。反響次第では、限定販売もあり! PHOTO/REPORT●北 秀昭(KITA Hide...続きを読む

電動バイクなのに6速ミッション⁉️ キムコの電動スーパースポーツ「Super NEX」ついに日本初公開!/東京モーターサイクルショー2019

2019.03.23 14:17

東京モーターサイクルショー2019にて、キムコの電動スーパースポーツモデル「Super NEX(スーパーネックス)」が日本初公開された。2.9秒で100km/h到達、6速マニュアルトランスミッション、スリッパークラッチなどを採用し...続きを読む

SHOEIがヘルメット用ヘッドアップディスプレイを開発⁉️ 体験してみた。/東京モーターサイクルショー2019

2019.03.23 14:11

ヘルメットメーカーのSHOEIと、自動車用表示機器メーカーのNSウエストが共同開発した「ヘッドアップディスプレイ」内臓のフルフェイスヘルメット「IT-HL(参考出品)」。東京モーターサイクルショー2019にて、話題の最先端ヘルメッ...続きを読む

日産自動車とNTTドコモ「Invisible-to-Visible」技術の5G走行実証実験を開始

2019.03.23 08:37

日産自動車とNTTドコモは、第5世代移動通信方式(5G)を用いて、「Invisible-to-Visible(I2V)」技術を走行中の車両で活用する実証実験を開始した。 日産は、リアル(現実)とバーチャル(仮想)の世界を融合し、ド...続きを読む

ページトップ