2020年9月14日

                                     株式会社 LIVE BOARD

 

コロナ禍で減少したアートとの接触機会を LIVE BOARDのデジタルOOHを使用して街中に創出

 

文化庁メディア芸術祭の「Next World ExhiVision」をLIVE BOARDのデジタルOOHの力で広報支援

 

 株式会社LIVE BOARD(以下、LIVE BOARD)は、コロナ禍の状況において、アートに触れる機会が減少した生活者と活動の場所を失ったアーティストをつなぎ、芸術作品の発表の場としてOOH※1を活用する

 

 「Next World ExhiVision」(ネクスト ワールド エキシビジョン)に、自社が管理する全国のデジタルOOHへの作品配信で協力します。

「Next World ExhiVision」は、2020年9月19日(土)~9月27日(日)まで開催される第23回文化庁メディア芸術祭の広報企画のひとつで、電通アイソバー株式会社が企画・運営するプログラムです。

『日本の街、そして社会を、アートの力で鮮やかに』をテーマに、東京、北海道など8都市71カ所※2にあるデジタルOOHにアーティストの作品を配信し、街中でアートに触れることができるアートショーケースを開催します。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009144306-O2-O29WY3OS

 

 

■「Next World ExhiVision」開催の概要

期間: 2020年9月19日(土)~9月27日(日)(作品の放映時間は不定期です)

場所: 8都市(東京、北海道、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、福岡)71か所のデジタルOOH

企画: 電通アイソバー株式会社 / 株式会社デビッドワッツ / 株式会社 LIVE BOARD

公式サイト:   https://www.next-world-exhivision.com/

 

■文化庁メディア芸術祭

文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。平成9年度(1997年)の開催以来、高い芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を顕彰するとともに、受賞作品の展示・上映や、シンポジウム等の関連イベントを実施する受賞作品展を開催しています。

第23回は、世界107の国と地域から3,566点に及ぶ作品の応募がありました。文化庁メディア芸術祭は多様化する現代の表現を見据える国際的なフェスティバルと成長を続けています。 また、文化庁では、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的に、文化庁メディア芸術祭の受賞作品を国内外で広く紹介する多彩な事業を実施しています。海外・国内展開や創作活動支援等の関連事業を通じ、次代を見据えたフェスティバルを目指しています。https://j-mediaarts.jp/festival/

 

 

※1 OOHは、交通広告や屋外広告など、家庭以外の場所で接触する広告媒体の総称。 デジタルOOHは、交通広告、屋外広告およびリテールショップなどに設置されたデジタルサイネージを活用した広告媒体を指す。

※2 2020年8月31日現在の媒体数

 

 

 

 

 

 

【各社概要】

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105808/202009144306/_prw_OT1fl_W871fmwG.png

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105808/202009144306/_prw_OT2fl_kXU4H2ue.png

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105808/202009144306/_prw_OT3fl_EmEc5f7D.png

 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「コロナ禍で減少したアートとの接触機会を LIVE BOARDのデジタルOOHを使用して街中に創出