2020年8月6日
株式会社 電 通

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博)は、株式会社電通九州(本社:福岡市、代表取締役社長執行役員:鈴木 亨)、国立大学法人九州大学(所在地:福岡市、総長:久保 千春)、AtCoder株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:髙橋 直大)、株式会社イマーゴ(本社:東京都港区、代表取締役:神尾 寿)と包括的な協定を本日締結し、「アルゴリズム思考※」の学習に関する共同研究と地域課題解決に向けた協働事業、高度IT人材育成などを実施します。

※ アルゴリズム思考:高速・快適に動くアプリ・プロダクトを開発するための思考プロセスの一種で、アプリ・プロダクト開発において、テクノロジーの進化に依らず必要とされるプログラミングに関する素養。

 社会全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)化が進み、高度IT人材の育成が急務となる中、5者は、あらゆるITの基礎となるアルゴリズムの重要性に着目。国内初の取り組みとして、AtCoder社の所有する競技プログラミングの技術・サービスを中核にアルゴリズム思考を普遍化し、高度IT人材を育成するための共同研究や産学連携プロジェクトなどを今後協働で行っていくことに合意しました。

 この度、締結した協定に基づき、①アルゴリズム思考の学習を効率的に行う教育サービスの共同研究、②数理モデルを用いた地域課題解決の産学連携プロジェクトの実施、③育成した高度IT人材が社会で活躍するための支援事業、などを実施していきます。

<体制図と各社の役割>
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008052848-O1-x21Cv35m

 

                              以上

 

 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「電通、電通九州、九州大学、AtCoder、イマーゴがアルゴリズム思考による高度IT人材の育成に向け包括的協定