2020年7月16日

日本ユニシス株式会社

withコロナ時代の災害対策本部を継続支援!
クロノロジー型危機管理情報共有システム「災害ネット」の無償提供を追加実施

日本ユニシスは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症に関する社内外の情報管理に加え、地震や台風、豪雨などの自然災害時の情報共有に課題を抱える企業・団体を継続支援するため、2020年4月27日から行ってきたクロノロジー型危機管理情報共有システム「災害ネット」(以下、「災害ネット」)の無償提供を延長し、本日から追加実施します。
「災害ネット」は情報が錯綜する緊急時に利用頂くことに特化したサービスです。電話などで受け付けた情報を、ホワイトボードに書くように入力するだけですべての情報が時系列で集約されるため、取り纏めや資料作成に要する手間と時間を大幅に短縮でき、また自宅からでも閲覧できるので、出勤せずとも現場の状況を把握することが可能になります。
日本ユニシスは、withコロナ時代の新しい生活様式と働き方への変革が求められるなか生じるさまざまな困難に、未来の社会を支えるデジタルテクノロジーとサービスを携え、皆さまと共に社会課題の解決に向き合っていきます。

【背景】
三密の回避やテレワークの励行など、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取り組みは、今後も長期的に必要になると予想され、企業、官公庁・自治体、団体の災害対策本部は、新型コロナウイルスの終息の目途がたたないまま豪雨・台風シーズンを迎えることになり、感染症と自然災害の複合災害への備えが求められています。
日本ユニシスでは、クロノロジー(時系列)で情報を入力・共有するサービスを開発し、災害や事件・事故などインシデント発生時の情報共有において、これまで多くの成果を上げてきました。
このサービスは新型コロナウイルス対応におけるリモートでの災害対策本部運営でも効果を発揮するものであると考え、2020年4月27日より無償提供を行ってきましたが、今後もより多くの皆さまの事業継続の支援をするため、「災害ネット」の無償提供を追加実施します。

 <クロノロジーのイメージ>

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202007162097-O1-17snj4B4
※出典:財団法人消防科学総合センター「災害写真データベース」

【本サービスの利用効果と利用イメージ】
「災害ネット」は、収集した情報をホワイトボードなどに時系列で記録する手法「クロノロジー」をそのままシステム化したシンプルな情報共有サービスです。「入ってきた情報を、入ってきたまま、記録するだけ」で、現場への負荷を最小限にしながら、簡単にすべての情報を集約できます。

<効果>
▶三密を避けテレワークで災害対応を行いたいが、職場に行かないと状況が理解できないので出勤せざるを得ない。
 →パソコンやスマートフォンからアクセスできるので、自宅から現場の情報を把握することができます。利用にあたって、アプリなどのダウンロードは必要ありません。

▶受け付けた情報をメモやホワイトボード、Excelなどに記録をしているが、集約に時間がかかる。
 →ホワイトボードに書くように入力するだけでシステム上に情報が集まるので、これまで情報を集約するのにかけていた時間を大幅に削減できます。

▶すぐに利用したいが、ユーザーに教育をしている時間がない。
 →シンプルな操作性なので、ITが得意でない人でも迷いなくスムーズに利用できます。

<ご利用イメージ>

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202007162097-O2-enm79apL

「災害ネット」は災害時対応として官公庁、自治体、一般企業(※)で活用されているほか、事件や事故、セキュリティインシデントの対応などでも利用されています。現在は新型コロナウイルス対応でも活用されています。
※ 鉄道、空港、運輸、電力、ガス、自動車などの製造業、建物管理、金融機関など

【無償提供の概要】
●提供サービス
 クロノロジー型危機管理情報共有システム「災害ネット」

●お申込み受付期間
 2020年7月16日(木)から2020年9月18日(金)まで

●無償提供期間
 2020年9月30日(水)まで
 ※無償提供期間終了後も有償サービスに切り替えて利用継続可能です。
 なお、有償サービスに切り替えない場合でも、登録データを出力してご提供可能です。

●対象企業/団体
 現在本サービスを契約されていない、または無償利用をしていない全国の企業、官公庁・自治体、団体

【利用開始までの流れ】
下記問い合わせフォームよりご連絡を頂いたのち、当社担当者からWeb会議でのデモンストレーションとヒアリングを実施いたします。1時間程度の打合せを行ったのち、数日以内に環境を準備のうえ、ご案内いたします。
 ※お申込み多数の場合にはサービス開始まで時間がかかる場合があります。

【サービスの詳細】
サービスの詳細は下記ページをご参照ください。
・クロノロジー型 危機管理情報共有システム「災害ネット」 説明ページ
https://www.unisys.co.jp/solution/biz/disaster-net/lp/

【お問い合わせ・お申込み方法】
下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。当社担当者よりご連絡をさせていただきます。
https://www.unisys.co.jp/inqsys/inquiry_form.html?product_id=985

■関連リンク
・クロノロジー型 危機管理情報共有システム 「災害ネット」
 https://www.unisys.co.jp/solution/biz/disaster-net/lp/

・NewsPicks (ソーシャル経済メディア) 
「限りなくシンプルに。教訓から生まれたBCP 支援「災害ネット」
 https://newspicks.com/news/4755534

・AMP (ビジネスインスピレーションメディア)
「1 分1 秒を争うからこそ、限りなくシンプルに。教訓から生まれたBCP 支援「災害ネット」のこだわりとは。」
 https://amp.review/2020/03/25/unisys-disaster-net/

・NewsTV
「リスク対応に効果的!情報共有ツール『災害ネット』」
 http://news-tv.jp/_ct/16959998

※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
※掲載の情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。



情報提供元:PRワイヤー
記事名:「災害対策本部を継続支援!危機管理情報共有システム「災害ネット」無償提供を追加実施