日本FP協会(所在地 東京都港区、理事長 白根壽晴)は、ライフプラン(生活設計)や家計管理等の生活全般にかかわるお金の不安や疑問について、ファイナンシャル・プランナー(FP)への相談を体験できる「くらしとお金のFP相談室」(以下、FP相談室)を札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡の全国8カ所に常設しています。このたび、2019年度の実施状況ならびに過去4年分の相談テーマの推移をまとめました。

2019年度のFP相談室実施状況(2020年2月末現在)※新型コロナウイルス感染症の影響により3月は中止
2019年度の1年間に実施した相談実施総数は790件(2018年度:874件)でした。相談テーマの上位3つは、「ライフプランの立て方」「家計収支」「保険」でした。相談者の中心が30代・40代ということもあり、これからの人生設計や日々の家計の見直しに関する相談が多数となりました。詳細はリリース原文をご覧ください。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007131930-O2-11d6z0EE

年度別 相談テーマ トップ3
今年度は2016年度から4年分の相談テーマの推移も集計しました。
毎年、ライフプランに関する相談が1位を占めており、直近2年では家計収支が2位に続いています。それ以外では保険や住宅ローンがランクインする等、月々の生活費等の見直しに関心が高まっていることがうかがえます。
全国並びに開催地域別の詳細はグラフにまとめていますので、リリース原文をご覧ください。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007131930-O1-49R25BYv

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「日本FP協会実施 FP無料体験相談「くらしとお金のFP相談室」2019年度実施状況・年度別集計データ発表