2019年11月29日

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井敬一
大阪市北区梅田3-3-5

■台湾 高雄市においてホテル・分譲マンションの複合開発プロジェクト
「(仮称)高雄プロジェクト」開始

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、台湾の大手不動産開発会社である大陸建設(たいりくけんせつ)株式会社(本社:台湾 台北市、会長:張良吉)が設立した汎陸建設實業(はんりくけんせつじつぎょう)株式会社(以下「汎陸建設」)に出資し、台湾 高雄市において、ホテル・分譲マンションの複合開発プロジェクト「(仮称)高雄プロジェクト」を、2020年1月より開始します。
 なお、2019年11月28日、汎陸建設は、当プロジェクトのホテル棟の運営委託契約を株式会社ホテルオークラの子会社である株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメント(以下「オークラ ニッコー ホテルマネジメント」)と締結しました。
 当プロジェクトの建設地は、台湾第二の都市として成長を続けている高雄市が、5大公共事業(※1)を 中心とした再開発を行っている「亜州新湾区(あしゅうしんわんく)」に位置し、今後ますますの発展が見込まれる地域です。また、地下鉄(MRT)「三多商圏(さんたしょうけん)駅」から徒歩約4分、高雄国際空港から約6kmの場所に位置しているため、国内外からのアクセスに優れている立地です。
 当プロジェクトは、オークラ ニッコー ホテルマネジメントが運営する「ホテル・ニッコー高雄」(260室)と分譲マンション(227戸)の2棟からなる複合開発プロジェクトで、工事着手は2020年1月、竣工は2023年7月を予定しています。
※1.「高雄ライトレール水岸線」、「高雄展覧館」、「海洋文化流行音楽センター」、「高雄港国際旅客船ターミナル」、「高雄市立図書館総館」の公共事業。

■計画概要
所在地:高雄市前鎮区(ぜんちんく)(中山二路沿い)
交通:地下鉄(MRT)「三多商圏駅」から徒歩約4分、「高雄国際空港」より約6km(車で約15分)
敷地面積:5,125㎡(約1,550坪)
延床面積(予定):約65,000㎡(約19,700坪)

【ホテル棟】 
各床面積(予定):約33,000㎡(約10,000坪) 
構造(予定):鉄筋コンクリート造
規模(予定):地上21階地下4階建て
建物用途(予定):ホテル・分譲マンション、駐車場
総戸数(予定):260室(平均約36㎡)

【分譲マンション棟】
各床面積(予定):約32,000㎡(約9,700坪)
構造(予定):鉄筋コンクリート造
規模(予定):地上29階地下4階建て
建物用途(予定):ホテル・分譲マンション、駐車場
総戸数(予定):227戸

駐車場(予定):307台
土地取得:2019年5月
工事着手:2020年1月13日
竣工(予定):2023年7月
分譲マンション販売開始(予定):2020年5月
分譲マンション入居開始(予定):2023年9月
ホテル開業(予定):2023年11月
事業主:汎陸建設實業株式会社
出資比率:大和ハウス工業株式会社(台灣大和開發實業株式会社(※2))65%、大陸建設株式会社35%
※2.大和ハウス工業100%出資会社、2019年3月設立。
ホテル運営:株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメント
設計・施工:未定
総事業費:約260億円

■大和ハウス工業の台湾での事業活動について
 当社は、2011年12月、台湾支店(台北市)を開設し、台湾のロードサイドで当社独自の土地活用システム「LOCシステム」(※3)の営業をスタートさせ、商業施設開発や工場建設請負を多数手がけてきました。
※3.土地オーナー様(Land Owner)と出店地を探す事業者(Company)とを仲介し、出店が決まれば当社が建物を建設するもの。仲介から、市場調査、経営計画、資金調達まで、細やかなサポートを行っているシステム。

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「「(仮称)高雄プロジェクト」開始