2019年11月28日

VAIO株式会社

VAIOと産業用ドローン中国国内大手メーカー MMCが協業検討を開始

VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市 代表取締役社長:山本 知弘 以下VAIO)と中国・深圳に本社を置く産業用ドローン中国国内大手メーカーである深圳科比特航空科技有限公司 SHENZHEN MICROMULTICOPTER CO.LTD(本社:中国・広東省深圳市、董事長:卢致辉 Zhihui Lu 以下MMC)は、日本国内の産業用ドローン市場における事業創造に向け、2019年11月より共同で事業検討を開始いたしました。
具体的な協業内容につきましては、決定次第、発表させていただきます。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201911274074-O1-CDFdp1FQ

VAIOはPCをはじめとするさまざまなコンピューティング&ネットワーク機器の開発・製造における長年の経験で培った技術・知見を活かして、現在では特にロボット、IoTの領域でビジネスを展開してきました。「フライングロボット」とも表現されるドローンにおいても、既に国内での量産に携わっていることに加え、株式会社エアロネクストとの協業において重心制御技術「4D GRAVITY®」搭載の原理試作機の製造を行う等、先端技術に関わる取り組みも進めております。
今後もVAIOの持つユニークな強みを活かしながら、多様な関係者とのオープンな共創を通じて産業用ドローン市場を中心に社会起点で事業創造を行い、イノベーションの社会実装に取り組んでいきたいと考えています。

<協業検討の目的>

MMCの持つ産業用ドローンの機体開発・製造に関わる豊富な経験と実績、およびVAIOが持つPC・ロボット等の商品企画、開発・生産・品質管理およびマーケティングノウハウ、国内での顧客・サービス基盤とのシナジーにより、日本国内におけるMMC既存機体をベースにした事業創造の可能性を検討します。また将来的に日本市場の用途に合わせた機体等の商品企画、開発も協業の視野に入れ、広い範囲での協業検討を行います。

<MMCとは>

・社名(英語)
深圳科比特航空科技有限公司(SHENZHEN MICROMULTICOPTER CO.LTD)
・本社所在地
深圳市宝安区石岩街道石龙社区颐和路1号科比特科技园
(MMC Tech Park,Yihe Road No.1,Shilong Community,Shiyan Street, Bao'an District, Shenzhen, PR China,518108)
・代表者
董事長 卢致辉(Zhihui Lu)
・URL
http://www.mmcuav.com/

2014年設立の中国最大手の産業用ドローンメーカー。ドローンの機体、電源、フライトコントローラー、画像伝送、操縦用システムなどの開発、供給能力を持ち、グローバルな顧客向けにOEMおよびODMサービスを提供している。測量点検、警察、消防、災害対応など様々な産業用途のドローンを有している。

<VAIOのドローンビジネスについてのお問合せ先>

VAIOのドローンビジネスについてのお問合せや協業のご相談などは下記までお願いいたします。
VAIO 株式会社 ドローンビジネスGP:drone_business@vaio.com

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「VAIOと産業用ドローン中国国内大手メーカー MMCが協業検討を開始