2019年11月5日

株式会社オカムラ

一人用ワークブース「drape(ドレープ)」発表
オカムラが提案するワークブースに新製品を追加し、品ぞろえを拡大

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中村 雅行)は、手軽に設置できるミニマムサイズの一人用新ワークブース「drape(ドレープ)」を、2019年11月6日(水)から開催される「オカムラグランドフェア 2019」にて発表・展示し、2020年1月より発売を開始します。

コミュニケーションの活性化を目的に、柱や仕切りの少ないオープンオフィスが主流になっている一方で、時には一人または少人数で個室にこもり、集中して仕事をしたいと感じるワーカーが増えています。集中と交流の切り替えを促し、仕事の質と効率を高めるために、オカムラはワークブースを提案しています。ワークブースは、ガラスや吸音材のパネルで囲い、オープンオフィスの特性を生かしつつも集中しやすい環境を実現します。

「drape(ドレープ)」は、オフィスに手軽にワークブースを導入したいという要望に応えて開発した、最小1㎡のスペースに設置できる一人用ワークブースです。セミクローズでありながら、吸音パネルで囲うことでこもり感が高く、集中作業やWeb会議、電話など外部の音をなるべく遮りたい業務に最適です。パネルの角度を生かしたさまざまなレイアウトが可能で、オフィス空間とコーディネートしやすい18パターンのカラーバリエーションをそろえました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910312951-O1-9z2N9Heh 】 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910312951-O2-yOGXWd90

-ワークブース「drape(ドレープ)」の特徴-
最小1㎡のスペースに手軽に導入できる、吸音パネルに天板を組み合わせたセミクローズの一人用ワークブース。パネルの枚数によって3タイプをラインアップしました。

<パネル3枚>
・テーブルは天板高さを2種類から選ぶことができ、立ちでも座りでも使用できます。
・パネル高さは用途に応じて2種類から選択可能。
サイズ:1000W×1000D×1520H/1920H(mm)
価格:パネル+天板 197,600円(本体価格)~ ※照明はオプション、イスは別途
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910312951-O3-6inI2oxz

<パネル4枚>
・背面のパネルにより、背後からの視線を遮ります。
・テーブルは天板高さを2種類から選ぶことができ、立ちでも座りでも使用できます。
・パネル高さは用途に応じて2種類から選択可能。
サイズ:1000W×1200D×1520H/1920H(mm)
価格:パネル+天板 240,100円(本体価格)~ ※照明はオプション、イスは別途
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910312951-O4-zf9Br78X

<パネル5枚>
・背面のパネルにより、背後からの視線を遮ります。
・立ち姿勢もしくは半立位で使用します。
サイズ:1040W×1200D×1920H(mm)
価格:パネル+天板 302,600円(本体価格)~ ※照明はオプション
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910312951-O5-4UnW37ti

□パネルの表装材とカラーバリエーション(18パターン)
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910312951-O6-A8m1qOB3

□初年度販売目標 1億円
□オカムラ ウェブサイト 「drape(ドレープ)」
 http://www.okamura.co.jp/product/others/drape/ 


―オカムラのワークブース 新製品とラインアップ追加―

■「SnowHut(スノーハット)」
「多人数用 2400×2400タイプ」を新発売
ワークブース内に電動上下昇降天板と専用ソファをラインアップに追加(業界初)

コンパクトで居心地の良い空間がコンセプトのワークブース「SnowHut」の「多人数用 2400×2400タイプ」と、一人用ブース内に設置可能な電動の上下昇降天板・専用ソファを、2019年11月6日(水)から開催される「オカムラグランドフェア 2019」にて発表・展示し、2020年1月より発売を開始します。

「SnowHut」は日本語でかまくらを意味し、ガラスや吸音パネルの壁面と天井のルーバーで適度な開放感があるセミクローズのワークブースです(2019年1月から発売)。
一人用と二人用の2タイプに加え、多人数で打合せが可能な「多人数用 2400×2400タイプ」を追加しました。ソファには8人まで着座可能。単体のテーブルやキャスター付きのイスをブース内に設置することもできます。
一人用には、業界で初めてワークブースの中に設置できる電動の上下昇降天板とそれに対応する専用ソファを新たにラインアップしました。仕事の内容や気分に応じた姿勢の変化に対応します。天板は、高さ650mmから1250mmまで電動で上下昇降が可能。専用ソファは座面がスライドし、立位時には座面が壁側に立ち上がるため、コンパクトなブース内でもスムーズに立ちと座りの姿勢を変えることができます。
入口ドアは、引き戸タイプを新たに追加。開閉のためのスペースが不要で、前を通る人との衝突を回避します。

・多人数用 2400×2400タイプ
サイズ:2400W×2400D×2100H(mm)
価格:2,137,500円~(本体+外装パネル)※専用天板、イス、天井ルーバーは別途
※配送費、施工費が別途必要です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910312951-O7-6A1KvDnv

・一人用(電動昇降天板・専用ソファ設置時)
価格:1,462,100円~(本体+外装パネル+電動昇降天板+専用ソファ)
※配送費、施工費が別途必要です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910312951-O8-6tvdtP0A

□オカムラウェブサイト 「SnowHut(スノーハット)」
http://www.okamura.co.jp/product/others/snowhut/ 


■「TELECUBE(テレキューブ) by OKAMURA」
「TELECUBE by OKAMURA」は、はたらく場としての快適性と安全性の更なる向上を目指して、株式会社ブイキューブ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:間下 直晃)と共同で開発したワークブースです。建材製品でのノウハウを生かして、主たる構成部材に不燃材を採用して防火性を強化し、安全性を向上。イスとデスクは長時間使用しても疲れにくい高さや広さ、座り心地を追求しました。2018年12月から、個人で作業を行う一人用と1on1など少人数でのミーティングを行う二人用を発売しています。

2019年10月より、多人数での打合せを行う四人用をラインアップに追加。設置場所や用途に合わせてコーディネートしやすい外装バリエーションも追加しました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910312951-O10-7QZX13OJ

□オカムラウェブサイト 「TELECUBE(テレキューブ) by OKAMURA」
http://www.okamura.co.jp/product/others/telecube/ 


(参考)2018年11月6日 ニュースリリース
オカムラが提案するワークブース3製品 発表
http://www.okamura.co.jp/company/topics/office/2018/work_booth.php 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「一人用ワークブース「drape(ドレープ)」発表