2019年10月7日

株式会社朝日ネット

バッファロー・IT・ソリューションズの「アパートWi-Fi」において
朝日ネットの「v6 コネクト」を活用した通信品質向上の取り組みを開始

株式会社朝日ネット(東証第一部3834、本社:東京都中央区、代表取締役社長:土方 次郎、以下朝日ネット)と株式会社 バッファロー・IT・ソリューションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 岩崎 克己、以下バッファロー・IT・ソリューションズ)は、バッファロー・IT・ソリューションズの提供する賃貸住宅向けWi-Fiブロードバンドサービス「アパートWi-Fi」に対する通信品質向上の取り組みにおいて提携を開始したことをお知らせいたします。

1 サービス内容
バッファロー・IT・ソリューションズが提供する「アパートWi-Fi」において朝日ネットのIPv6接続サービス「v6 コネクト」が採用されました。
「アパートWi-Fi」はインターネット回線、工事、機器、保守メンテナンスを含んだ賃貸住宅向けのWi-Fiブロードバンドサービスです。今回の提携により「アパートWi-Fi」のバックボーン回線は朝日ネットの「v6 コネクト」の「IPv4 over IPv6 接続(固定IP)」を利用します。これにより、賃貸住宅の入居者に対し通信品質が良い快適なインターネット接続サービスの提供ができるようになります。

2 今後の方針
 今後も引き続きバッファロー・IT・ソリューションズと朝日ネットが相互に連携し、より経済的で快適なインターネットサービスを実現することで「アパートWi-Fi」を導入している賃貸住宅の「v6 コネクト」への切り替えを積極的に進めてまいります。日本の賃貸住宅における空室率が年々増加傾向にある中、空室対策・退去防止のためにインターネットのWi-Fi環境を入居者に提供することで物件の付加価値を高める賃貸住宅オーナーが増加することを見込んでおります。

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「バッファロー・IT・ソリューションズで朝日ネットの「v6 コネクト」を活用した通信品質向上の取組開始