2018年10月10日

⽂化庁

平成30年度「東アジア⽂化交流使」の決定

文化庁では,この度,平成30年度「東アジア文化交流使」を決定しましたので,
お知らせします。

平成26年11月に開催された「第6回日中韓文化大臣会合」において,
日中韓各国が自国の中堅・若手芸術家等を一定期間相互に派遣し,
実演やワークショップ等を行う「東アジア文化交流使」を実施していくことが
合意されました。

文化庁では,この合意を受け,外務省・独立行政法人国際交流基金の協力の下,
26年度より本事業を実施しております(事業概要:別紙2)。

この度,平成30年度「東アジア文化交流使」を
以下のとおり決定しましたので,お知らせします(敬称略,50音順)。

氏    名:水江 未来
プロフィール:アニメーション作家
活 動 国:韓国
派遣期間(予定):平成31年1月中旬
活動内容(予定):仁川において,自身の作品の上映会やトークイベントを
開催するとともに,ソウル市内の複数のアニメーション監督のスタジオを訪問し,
現地アーティストとネットワークを構築する。

氏    名:毛利 悠子
プロフィール:美術家
活 動 国:中国
派遣期間(予定):平成30年12月中旬
活動内容(予定):北京,上海を中心に,杭州,雲南省など様々な地域にもおもむき,
現地のアーティストやキュレーター,批評家等へのインタビュー,更にトークイベントを開催する。

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「平成30年度「東アジア⽂化交流使」の決定