2018.10.05

早稲田大学

私立大学では唯一 文部科学省「卓越大学院プログラム」に採択 
電力・エネルギー分野での新産業創出を促進する高度博士人材を育成

このたび、本学の「パワー・エネルギー・プロフェッショナル育成プログラム
(以下、PEP育成プログラム)」(プログラムコーディネーター:先進理工学研究科・
教授・林泰弘)が、平成30年度文部科学省「卓越大学院プログラム」に採択されました。
【申請】全国の大学を通じた38大学54件(国立大学44件、公立大学3件、私立大学7件)
【採択】13大学15件(本学は私立大学で唯一採択)

■事業概要
卓越大学院プログラムは、国内外の機関と組織的な連携を行いつつ、
世界最高水準の教育力・研究力を結集した5年一貫の博士課程学位プログラムの構築、
あらゆるセクターを牽引する卓越した博士人材の育成、人材育成・交流及び
新たな共同研究の創出が持続的に展開される卓越した拠点の形成を狙いとする事業です。

■PEP育成プログラム概要
PEP育成プログラムは、Society 5.0のコアとなる「エネルギーバリューチェーンの最適化」による
新産業創出を様々なセクターで主導する「知のプロフェッショナル」の輩出を
目的とした5年一貫博士人材育成プログラムです。


情報提供元:PRワイヤー
記事名:「私立大学では唯一 卓越大学院プログラム採択