2018年10月9日

株式会社 明治

カカオポリフェノールの継続摂取が、閉経後女性における
高血糖、高血圧、高コレステロールを予防する可能性を示唆
~10月9日 閉経後女性に対するカカオポリフェノールの健康効果研究成果発表会で発表~

 学校法人東京医科大学と株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)の共同研究グループは、カカオポリフェノールの継続摂取が、閉経後の女性において、インスリン抵抗性(※1)を改善する可能性と、血圧と悪玉コレステロールの改善効果を確認しました。すなわち、閉経後の女性において特にリスクが高まるとされる、高血糖、高血圧、高コレステロールを予防する可能性を示唆する結果を得ました。
 この研究成果を、2018年10月9日に株式会社 明治が開催した「閉経後女性に対するカカオポリフェノールの健康効果研究成果発表会」(会場:六本木アカデミーヒルズ)にて発表いたしました。

【発表概要】
 本試験では血糖値が高め(HbA1cが5.8%以上6.5%未満)かつBMIが18.5以上27.5未満である、45歳以上69歳以下の男女を被験者としました。被験者をランダムに2グループに分け、1つの群には被験食品であるカカオポリフェノール抽出物を含むタブレット(※2)を、他方の群には対照食品としてカカオポリフェノール非配合のタブレットを、それぞれ毎日4週間継続摂取していただきました。さらに2週間の非摂取期間を空けた後、被験食品と対照食品を入れ替えて、同様に4週間継続摂取していただきました(プラセボ対照二重盲検クロスオーバー試験)。
 その後被験者全体では有意な差は認められなかったものの、閉経後の女性のみの層別解析で、被験食品摂取群では対照食品摂取群に対し、以下の変化が確認されました。

①血中のインスリン濃度と血糖値がともに高い場合は、インスリン抵抗性の発現が疑われます。今回の共同研究において、カカオポリフェノールの摂取前後で、空腹時インスリン濃度が低下する傾向が認められました(図1)。また、カカオポリフェノールの摂取前後で、インスリン抵抗性の指標であるHOMA-IR(※3)が低下する傾向が認められました(図2)。これらの結果より、インスリン抵抗性が改善する可能性が示唆されました。
②カカオポリフェノールの摂取前後で、最高血圧・最低血圧が有意に低下しました(図3)。
③カカオポリフェノールの摂取前後で、悪玉コレステロールとされるLDL-コレステロールが有意に低下しました(図4)。

 閉経後は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌低下により、高血糖、高血圧、高コレステロールの3つのリスクが高まることがさまざまな研究で示されています。この「閉経後女性の3高リスク」の悪化を防ぐには、食事や運動といった生活習慣の改善が重要ですが、本研究によりカカオポリフェノールの継続摂取が、閉経後女性の3高リスクを予防する一助となる可能性が示唆されました。


(※1):インスリンの働きが低下し、糖の代謝が悪くなっている状態。
(※2):2014年に、愛知県蒲郡市、愛知学院大学、株式会社 明治の産官学共同で実施した「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」にて使用した、カカオ含有量72%の高カカオチョコレート25 gと同等のカカオポリフェノールの主要成分を含んだタブレット。
 項目                  被験食品   対照食品
 カカオポリフェノールの主要成分     83mg     非検出
  カテキン・エピカテキン
  プロシアニジンB2
  プロシアニジンB5
  プロシアニジンC1
  シンナムタンニンA2
(※3):空腹時の血中インスリン濃度と血糖値から算出される、インスリン抵抗性の簡便な指標。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810058856-O1-hed00ssM
(図1)空腹時インスリン濃度の変化


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810058856-O7-44M2J5y4
(図2)HOMA-IRの変化


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810058856-O6-YvR6IfbR
(図3)血圧の変化


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810058856-O4-7I1Xw4pv
(図4)LDL-コレステロールの変化

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「カカオポリフェノールの継続摂取が、閉経後女性における高血糖、高血圧、高コレステロールを予防する可能性