2018年3月9日

ダイキン工業株式会社

ルームエアコン『risora』
世界的に権威のあるデザイン賞「iFデザインアワード2018」を受賞

ダイキン工業株式会社のルームエアコン『risora』が、世界的に権威のあるデザイン賞「iFデザインアワード2018(iF DESIGN AWARD 2018)」を受賞しました。

「iFデザインアワード」は、ドイツのデザイン団体「iF International Forum Design」が1953年から毎年主催する国際的なデザイン賞です。「プロダクト」「パッケージ」「コミュニケーション」「プロフェッショナルコンセプト」「サービスデザイン」「インテリア・内装建築」「建築」の7つの分野で卓越したデザインが選定されます。対象は、2年以内に製品化された全世界のデザインで、美しさや機能性、革新性など18項目の評価基準により審査されます。本年は54カ国の企業やデザイナーから6400点を上回る応募があり、63名の国際的なデザインの専門家の審査により、プロダクトの分野において当社の『risora』が受賞しました。
『risora』は、デザイン性と機能性の両立にこだわり、「理想の空間の一部になり、心地よさを届ける」をコンセプトに、空気と空間両面での心地よさを実現したルームエアコンです。インテリアに馴染む形状や素材の質感などのデザイン性と、当社ルームエアコンにおける最高級の機能性を追求しました。室内機は、圧迫感をなくすために奥行きを抑え業界最薄を実現し、前面パネルは、自動車の内装部品などにも使用され定評のある表面加飾により、マットな質感やツヤ感を実現しました。また、多様化するインテリアのニーズやこだわりに対応するため、木目やツヤ、織目など多彩な質感を表現した高級感溢れる7種類のバリエーションを揃えました。さらに、当社ルームエアコンの最上位機種『うるさら7』で好評の快適機能を搭載し、空気の心地よさも実現しました。
『risora』は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2017年度グッドデザイン賞」も受賞しており、多方面で高い評価を得ています。

なお、当社における様々なデザイン活動やその評価は、当社WEBサイト「DAIKIN Design」( http://www.daikin.co.jp/design/ )にて紹介しています。

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「ルームエアコン『risora』が「iFデザインアワード2018」を受賞