「1コマの部」大賞作品

 尾道出身のマンガ作家、かわぐちかいじさんを最終審査員に迎え、毎年、市内の小・中・高校生から作品を公募している「尾道マンガ大賞」も、今年で8回目となりました。
 今年は尾道市制120周年。未来に向けて新たなスタートを切る年という意味で、「出発」をテーマに作品を募集し、このたび大賞が決定しました。
 現在、大賞を含めた、第8回の応募作品の展覧会を尾道市立美術館で開催しています。

■会期 2018年10月21日(日)まで開催
  9:00~17:00(入館は16:30まで)
 ※ただし、10月14日(日)は、表彰式のため受賞作品の展示はありません。
■場所 尾道市立美術館2階ロビー(尾道市西土堂町17-19)
 ※入館料が必要。


▼第8回尾道マンガ大賞について
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/soshiki/7/22151.html

▼尾道市立美術館HP
https://www.onomichi-museum.jp/


【本リリースに関する問い合わせ先】
尾道市役所 文化振興課
TEL0848-20-7514(平日8:30~17:15)


【尾道市(市長:平谷祐宏)の紹介】
 尾道水道を往来する海路、瀬戸内しまなみ海道・中国やまなみ街道で南北に縦断できる陸路を擁する尾道市は、「瀬戸内の十字路」として大いに発展が期待される街になりました。
 海を望む坂道からの景観は凝縮した歴史を感じさせ、その独特の歴史文化から3年連続で日本遺産に認定されました。近年では、瀬戸内に浮かぶ島々を自転車で旅する「サイクリストの聖地」としても注目を集めています。

尾道市公式ホームページ
https://www.city.onomichi.hiroshima.jp/

【付帯情報】
・「1コマの部」大賞作品
http://itm.news2u.net/items/output/162695/1
・「4コマの部」大賞作品
http://itm.news2u.net/items/output/162695/2

News2uリリース詳細へ
News2u.net