TOKYO, Sep 17, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』のデザインを一新するとともに、三菱自動車としては2車種目となるPHEV(プラグインハイブリッドEV)モデルを新たに設定します。新型『エクリプス クロス』は2020年度内の発売を予定しています。

2017年に発売し、グローバルに展開してきた『エクリプス クロス』は、スタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合した、クロスオーバーSUVとして好評を博してきました。今回のモデルチェンジでは、フロントフェイスとリヤ周りのデザインを大幅に変更し、上質感を高めながらクーペSUVならではの流麗なフォルムを実現しています。

新型『エクリプス クロス』のデザインについて、三菱自動車のデザイン本部長である渡辺 誠二は「この新しいデザインは、『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT*1』のエッセンスを用い、従来から持つ力強さやダイナミックさをキープしつつ、クーペSUVらしい流麗さやエレガントさを強化しました。新型『エクリプス クロス』を、新しい三菱デザインの第一弾として位置づけています」と語っています。

また、従来のエンジンモデルに加え、新たにPHEVモデルを設定します。PHEVモデルの導入は三菱自動車として2車種目となります。2013年に発売以来、グローバルで累計26万台以上を販売*2、プラグインハイブリッドカテゴリーにおいて世界最多販売台数*3を誇る『アウトランダーPHEV』で磨き上げたPHEVシステムを『エクリプス クロス』専用に最適化して搭載し、「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」というお客様の想いに応える電動SUVとしています。

新型『エクリプス クロス』のスペシャルサイトはこちら
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/special/index.html

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2020/detail5463.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自、『エクリプス クロス』のデザインを一新し、PHEVモデルを新たに設定