ブロックチェーンといえば、多くの人の第一印象がビットコインやETHなどですが。中本聡氏がビットコイン白書を発表して以来、ビットコインの価値は上昇してきた、実際には、ビットコインのネットワークはまだチェーンの情報離島という問題を突破していない。それに、ETHもネットワックでの渋滞や手数料の高騰などの問題に直面している。2020年以来、Defiは爆発し、Defiのプロジェクトの多くはETHに基づいているため、イーサネットの拡張と手数料などの問題はますます厳しくなっている。

ブロックチェーン業界は世間の目からすると、将来性があるようで、実質的には分散型の実現難に直面し、公共的なチェーンの扩容難、取引手数料は高まる一方で、様々な苦境に陥る。ブロックチェーンが改ざんできないため、すでにオンラインされたプロジェクトが出た問題は全面的に解決し、業界は新たに出たプロジェクトに希望を寄せ、それらのプロジェクトが窮境に突破し、業界の新入生を実現できる。

著者らは、多くの新たなプロジェクトの中で、AITDブロックチェーンという公共的なチェーンは多くのメディアの注意を引き、AITDブロックチェーンがシンガポールに生まれ、現在、メインネットはまだオンラインになっていないが、すでに数多くのブロックチェーンの項目から厳重な包囲を切り、大量の関心を引き起こしたことを発見した。

調査によると、AITD blockchainは「世界中の金融資産の振り込み、引き出し、両替が実現できる」をプロジェクトの趣旨とする次世代商用レベルのグローバルチェーンであり、全金融ライセンスを持つ世界唯一のアプリケーションのグローバルチェーンである。

AITD ブロックチェーンの後ろには、米国国際信託発展銀行(AITD)である。AITDはブラウン家の財団が入って経営し、2018年からブロックチェーンの金融支払いの領域に転換する、AITDブロックチェーンは米国長江実業、ゴールドマンサックス信託銀行および世界5大の支給決済システムと連合し、共同的に膨大な国際信託帝国を作り、現在は世界の49カ国と地域で支店、7つの油田、300社あまりの油井、1900まんトン余りのタンカー原油備蓄、191隻のマントンレベルのフェリー、190おくドルのエネルギー資産信託などを持っている。

2015年、AITDはスタンフォード大学のコンピュータ学院と共同で160人のブロックチェーンの開発チームを創立し、現在チームはすでに1400人余りに拡張した。チームは6年間、ブロックチェーンのグローバル法定通貨の為替結決済、秒速決算、安全検証などの問題を有効に解決し、同時に立体信頼検証、多次元の決算技術を開発し、ブロックチェーン技術の検証効率を100倍に向上させた。そのチームはAITDブロックチェーンを巨大な金融生態を持ち、グローバル金融資本を実現できる公共的な新世代のビジネスチェーンに作ろうと思っている。チームは、そのビジョンは「天下に通じる、未来に通じる」と明言している。

2015年から現在まで、プロジェクトはブロックチェーン技術の業界に深く浸透し、突破を求めている。その技術チームのメンバーはすべてインターネット業界に従事する長年のベテラン技術員であり、かつて多くのインターネット神話を創造した;。チームはブロックチェーンネットワークの最も重要な拡張問題を解決し、無限の拡張システムを構築され、本当の意味での取引、つまりブロックを実現した。

AITD ブロックチェーンの金融生態の設計も非常に完備し、公共的なチェーンはブロックチェーン技術の中のトレース、ゲートウェイ、取引を集合し、すなわち、ブロック、TPS上限なしなどの4つの優勢を持って、Defi理念に最も合う脱中心化の金融システムを作り出した;金融から生活まで、世界中の資産を自由に支払いから無限の応用シーンの派生まで、AITD ブロックチェーンは全世界にまたがって、43億種類の各業界のDAPP運行の巨大なチェーンを作り出す。

AITDブロックチェーンというプロジェクトは現在、世界の何十カ国、数百万のコミュニティメンバーの支持を得ている。また、AITDは42か国の保険、41か国の銀行、11か国の信託、3か国のブロックチェーン取引所、1か国の国際デジタル取引所の支払のためのライセンスを保有している。

強い技術力及び強い金融のバックグラウンド、AITD ブロックチェーンは新たなプロジェクトの中の最大手として、業界全体に新しい血液を注入するかもしれない。現在、公共的なチェーンのメインワークは内部測定の段階に入り、すぐ正式にオンラインになる。ブロックチェーン業界では毎年無数の新たなプロジェクトが誕生しているが、しかし、実際に生き残り、業界や社会に変化や発展をもたらすことができるのは、ごくわずかだ。一方、AITDブロックチェーンの誕生は、業界の進歩と希望を示した。

全世界のデジタル通貨の研究開発の進展に伴い、ブロックチェーン技術の争いはすでに単純なプロジェクト競争ではなく、更に全世界で、各国間の科学技術力と金融市場の争いである。実際に、今年に入ってから、世界各国は疫病の流行により、デジタル通貨の研究を遅らせることはなく、かえって研究を加速した。研究報告書によると、現在、世界60家以上の中央銀行のうち、18家の銀行がCBDCの開発、または発行を正式に承認しており、そのうち少なくとも4カ国の中央銀行がデジタル通貨を発行している。

ブロックチェーン業界が次第に規範化するに従って、各種の政策と要求も次第に明らかになってくる。したがって、新たなプロジェクトが新しい規則の下で生き残るためには、実際に着地する応用シーンと価値が必要である。

AITD ブロックチェーンは真の分散型のグローバル資産価値の流通交換の金融プラットフォームを作り出すことに力を入れて、この点から言うと、グローバルブロックチェーンと金融業界に更に積極的な変化と進歩をもたらすことができる。「合意は価値を決定し、価値は未来を決定する」。本当に価値のあるプロジェクトは、時間によって証明されるに違いない。

Contact: Darrell Duffie
Email: partnerships@aitd.io




Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「AITD ブロックチェーンが世に出たことで、実力のあるスーパーチェーンはデジタル通貨の壁を乗り越えられるか