TOKYO, Sep 10, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、ENEOS株式会社と、引火性ガスの中でも自らが出す電気火花や熱などで爆発や火災を引き起こす危険性を抑えた防爆性能を有するプラント巡回点検防爆ロボット"EX ROVR(エクス ローバー)"の実用化に向けて第二世代機を共同で開発していくことで合意しました。両社が2018年4月に締結した「防爆型現場監視ロボットのフィールド適用可能性に係る共同研究契約」に続く取り組みとなります。

当社は、2019年度までの共同研究契約においてENEOSと共同で、すでにプロトタイプ機による製油所内での複数階層間移動を含めた自律巡回走行ならびに各種センサーによるデータ取得をフィールド実証を通じて行っており、プラント巡回点検ロボットが具備すべき基本的な機能要件は満たしていることを確認しています。さらに今回の開発では、計器に正対して撮影するためのマニピュレーターの実装やソフトウェア改良などにより、現場より取得するデータの量と質を向上させるとともに、顧客のユーザビリティを高め、防爆機能を持つロボットとしてさらなる実用化を目指します。

防爆プラント巡回点検ロボットは、当社が原子力発電プラント事故収束支援活動などで成果を挙げたロボットの技術などをベースに開発しているものです。日本における国内防爆指針および欧州をはじめ世界で広く採用されている防爆認証のATEX/IECEx(注)に適合した防爆設計で、可燃性ガスのある危険場所(Zone1)で安全に使用することができます。

当社は、防爆ロボット技術を活用した新たなソリューション提案を通じ、プラントの安全性・生産性向上に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/story/20091002.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱重工、ENEOSと製油所向けプラント巡回点検防爆ロボットの共同開発契約を締結