Jubilee Energy and Commodities(JENCO)はオフィシャルローンチ以来、デジタル投資やデジタル取引を好む投資家たちに新たな利益獲得の機会をもたらしてきた。また、JENCO独自のプラットフォームを運用し、分散型金融システム(DeFi)が金融システムにおける主流となるように推進していく予定だ。

JENCOはスマートコントラクトやトークンを活用するシステムを用いて従来型金融と仮想通貨システムの連携を試みている。もちろん実現が難しいことは理解している。分散型金融の概念をすぐに理解できる人はそう多くないだろう。ブロックチェーン技術やデジタル通貨が絡んだ場合はなおさらである。

そういった背景もあり、JENCOのプラットフォーム(JENCOプロトコル)は最新型の金融商品を導入しつつもシンプルかつ汎用的に広く使えるよう設計されている。JENCOはこのプラットフォームを用いて伝統的な投資手法に関連する問題(優良資産へのアクセスが不十分、富を築けない、リスク・ヘッジ管理における弱点、セキュリティリスク)の多くに対処しようとしている。JENCOは分散型金融を広めることで投資機会を増やし、同時にリスクも大きく減らしている。

JENCOプロトコルではブロックチェーン上の金融派生商品の作成や取引が技術的な知識なしで可能で、投資家たちはかつてないほど簡単にデリバティブ取引を行えるようになっている。また、プラットフォームで提供されているツールを使用してAaveやCompoundなどのトップレンディングプロトコルと連携すれば、最も高い金利を見つけることが可能だ。

さらに、JENCOプロトコルにはボットを利用した完全自動投資システムがある。このシステムには、効率的なオペレーションに加えて仮想通貨市場の非常に高い変動性を緩和する効果もある。JENCOは、市場の予想外の動きによって投資家が巨額の損失を出さないように人工知能の力を借りて投資家をサポートしている。ボットはPoloniexやBitfinexといった大手仮想通貨取引所とも連携しており、リアルタイムでのアクセスや市場の重要な動きへの素早いレスポンスが可能になっている。

JENCOによって、誰しもが簡単に分散型金融投資の恩恵を享受することができる。投資プロセスは3つにまとめることができる。資産を預け、JENCOのDeFi商品を選び、投資から利益を得る。利益が出た後にロックアップ期間が課されることはなく、いつでもイグジット可能だ。

パンデミックによるダメージを受けた経済市場だが、アジアをはじめとして市場の動きが戻りつつある。JENCOによると、エネルギーとコモディティ投資市場が緩やかに復活の兆しをみせている。JENCOのCEUであるTony Jackson氏は、これからの数か月で希望にあふれた新しい日常への道が開かれるであろうと楽観的だ。「ホリデーシーズンまでにはお客様や投資家の皆様の投資意欲が高まると期待している。私たちはトンネルの出口に近づいていると信じている。」とJackson氏は話す。

JENCOに関する詳しい情報はウェブサイトをご覧ください。
https://j-enco.com/

メディア関連のお問合せ先:
Mansion Greenwood
social@j-enco.com




Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「JENCO独自のプラットフォームで分散型金融システムの更なる発展へ