TOKYO, Mar 12, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、水平・垂直の2軸で走査する電磁駆動式MEMS※1ミラーを搭載した、小型で広い水平視野角を持つ「MEMS式車載LiDAR※2(ライダー)」を開発しました。自動運転に不可欠なセンサーであり、先行車両や歩行者などの距離や形状を高精度に検知し、高精細な3次元画像を広範囲に取得することができます。小型化・低コスト化による普及を進めることで、安心・安全な自動運転社会の実現に貢献します。

開発の特長
1. 独自の構造と2軸走査の電磁駆動により、広い振れ角を持つ業界最大級の軽量ミラーを実現
- 車載搭載向けに水平・垂直の2軸で走査する電磁駆動式MEMSミラーを開発
- 当社独自のミラー構造採用により面ひずみを抑制し、業界最大級(7mm×5mm)の軽量ミラーでの広い振れ角(水平:±15度、垂直:±3.4度)を実現

2. 主要部品の最適配置により、広範囲での3次元画像取得と小型化を実現
- 開発した2軸電磁駆動式MEMSミラーと、複数のレーザー光源の高密度実装と最適配置により、広い水平視野角(120度)を実現することで、先行車両や歩行者などの高精細な3次元画像を広範囲に取得することが可能(図2)
- 信号処理回路基板と光学系部品の最適配置により、ライダー本体を900cc(108mm×105mm×96mm)に小型化

今後の展開
さらなる小型化や垂直視野角の拡大を進め、2025年以降の実用化を目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2020/0312.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱電機、「MEMS式車載LiDAR(ライダー)」を開発