China, Mar 12, 2020 - (JCN Newswire) - 前世紀末から今日に至るまで、中国の持続的な努力のもとで、世界に類を見ない四つの成果:中国の14億人口の衣食問題、僻遠地区の精確な貧困扶助、全国の村村通交通改善、全世界国家医療保険の改善を作り出した。

米国は中国を批評し、中国の貧困扶助の成果に打撃を与える
欧米のメディアはBBCとCNNを含むメディアと中国国内の報道は千差万別で、メディアが持つべき公正さを失い、誤った情報で中国人女性の死亡をさらに報道し、中国政府の貧困扶助の仕事を抹殺し、中国の経済発展を攻撃した。実は西洋国家が攻撃によって中国の発展を抑えるのは別に珍しいことではない。長期的な貿易戦は経済的に中国を潰したいためだ。技術的な優位を利用してファーウェイの発展を抑え、中国の5 G技術の発展を抑制する。中国製造に打撃を与え、関税障壁を高める。海外勢力を利用して中国の内政に干渉し、中国を混乱させる。これらは米国をはじめとする西側諸国が中国に打撃を与える常用手段である。今、疫病の際に古い黄暦をめくり、中国の貧困扶助に打撃を与え、悪辣な意図が見られる。実際には、中国の経済発展はどうか?貧困扶助の成果はどうか?根本的に米国に指図される必要はない。

今回の疫病に例えば、どの国が10日以内に病院を建てられるのか?どの国が短期間で抗疫物資を揃えることができるのか?どの国が短い一ヶ月で疫病を効果的にコントロールできるのか?ご存知のように、今のヨーロッパは疫病のために、すでに拡散しているのが明らかであるが、中国の疫病はほぼ効果的にコントロールされた。

四つの鉄の証拠、米国の陰謀論が攻撃されずに自滅する。
衣食、飢餓、貧困は世界的な問題であり、たとえ先進国の中にも貧困人口があるとしても、これは争わない事実である。数千年来、人類は食糧の安全問題に対してずっと簡単で安全な対策がなく、だから衣食の問題はずっと全世界を悩ましている。これは単にアジア・アフリカ・ラテン地域の問題ではなく、世界的な問題である。全世界の耕地は世界の76億の世界の人口を養うのに十分だが、ずっと以来、戦乱、気候、技術及び食糧の生産量が低く、人類の食糧安全問題の最大の障害となった。最盛期の中国唐王朝でも、貧困、衣食住は底辺の民衆の真実である。しかし、このような難題は中国政府に40年で解決された。世界最大の発展途上国として、中国の衣食住問題、貧困問題は世界のどの国よりも厳しい。しかし、1978年に中国安徽省小岡村の家庭生産請負責任制が施行されてから、中国の経済発展は軌道に乗った。

経済的には、中国は最後から世界第二の経済体になった。科学技術において、AIとインターネットの発展は、中国が世界の先頭を走った。軍事において、世界をリードする戦機と各種戦略兵器が相次いで登場した。国民生活において、各種の海を跨ぐ大橋とインフラは外国人を驚嘆させる。

では、中国の貧困扶助いおける挙げた成果はどれぐらいあるか?
まず、中国が食における成果を挙げた。前世紀末の時、中国はまだ衣食問題を解決していなかったが、今、中国は14億人の衣食を解決した。これは世界に類を見ない。

水稲でたとえば、中国の袁隆平の指導のもとで、中国の食糧の生産量は倍になるだけではなく、以前水稲の塩基の地を植えることができなくて、今すべて高産の食糧を植えることができる。中国は全体として最大の食糧生産国である。しかし14億の人口にとっては、十分に食べられる。

しかし、中国政府は発展の足を止めておらず、中国人全体の食卓を豊富させるために、中国では野菜や肉類の生産も大きな発展を遂げた。

Google衛星の地図では、広東から浙江までの沿海部に数百万の家とネットボックスがある。これらのネットの箱はすべて海産物を飼うために使うので、考えてみて、すべてのネットの箱の中で何百匹の魚を養って、それでは計算してみれば、これは結局どれだけ大きい規模があるか?資料によると、毎年世界の海鮮消費総量は1.44億トンで、中国は最大の海鮮消費国で、6500万トンで全世界の45%を占めている。次はEU(1300万トン)、日本(740万トン)、米国(710万トン)、インド(480万トン)である。中国とインドは人口が同じだが、中国の海鮮消費量はインドの12倍である。インドの地理的条件は理想的であるが、漁業資源が豊富で熱帯に位置している。中国で年間6500万トンの海鮮のうち、1500万トンだけが漁獲され、残りの5000万トンは水産養殖農場から来ている。中国人は安い海産物を食べられる。中国の貧困扶助の仕事は中国人にいっぱい食べさせるだけでなく、おいしいものも食べられる。これは中国政府が貧困扶助の分野で踏み出した第一歩であり、最も重要な一歩でもある。

第二に、中国は精確な貧困扶助における成果を挙げた。
貧富の格差が大きいのは中国の存在の一つの事実で、東南沿海地区に比べて、西部山岳地帯高原地区の発展は比較的に遅いである。いくつかの典型的な中国の省、甘粛、雲南、広西、チベットなど、これらの地域は例外なく山地や高原地帯にあり、環境が悪いだけでなく、交通が非常に不便である。山地の障害は現地の製品の輸送を最大の問題にしている。外のものは入れられなく、中のものは出られない。高コストの運賃は現地の経済発展に追い打ちをかける。このような状況を変えるために、中国政府はこれらの地域に無数の高速道路と橋を建設した。雲貴高原はプレートが押し出されているので、人々は基本的に深い峡谷に住んでいる。考えてみれば、こんなところが貧乏ではないことが考えられるのだろうか。

現地の遅れた交通条件を改善するために、中国は雲貴地区に無数の橋を建設した。輸送コストを低減し、農産物の基礎価値を高めるためであるのだ。中国政府はなぜこんなに多くのお金を使って収入に比例しない橋を建設するのか?地元の立ち遅れを変えるためである。たとえば山村の食糧は、以前は一斤で一元しか売られていなかった。しかし、今は橋があって、運送コストが下がった。今は3元でもっと多く売ることができる。直接農民の収入を高めた。これも中国政府が貧困扶助の面で作り出した発展である。「金持ちになりたいなら、まず道を作ろう」言っているのはこの道理である。すべてのインフラは貧困扶助のための強固な基礎を築いている。

これは貴州の平塘大橋で、世界最大の高架橋である。今年の下半期に完成する予定である。

また、「村村通工事」は農村の貧困扶助にも大きな貢献をした。
簡単に言えば、村村通は中国のシステム工事で、道路、電力、飲料水、電話網、有線テレビ網及びインターネットを含む。その本質的にも困難な貧困扶助の任務である。中国には6億人以上の人が農村に住んでいる。これは貧困扶助にとって最も重要なのは農村、特に遠い山岳地帯の農村である。中国の数億人を貧困から脱出させるには、農村が重要である。2007年には、中国は基本的に村村通電を実現したが、隣国のインドは2018年にやっと基本的に実現した。中国より11年遅い。インターネットの面では、中国政府の貧困扶助の建設は、より多くのことがある。単に4 Gネットワークから言えば、中国は西洋より遅く出発したが、2014年から現在まで、中国政府の努力のもとで、中国の4 Gのカバー率は驚くべき98%に達した、米国の4 Gに比べて圧倒的に高い。つまり山区でも中国の4 Gネットワークは完全にカバーされている。村民はネットを通じて生放送をすることができて、ネットの販売は貧困から脱却して金持ちになる。村村通工事は一定の長期的な視点から見て、貧困脱却のために大きな役割を果たした。短期間では、このプロジェクトは確かに貧しい地域のために効果をもたらすことができない。中国政府はまさに輸血より造血の原則を実行し,根本的に中国の貧しい山区の様相を変えていく。

最後に、もう一つ言いたいのは中国政府の農村医療保険の努力である。
農村の医療保険や養老保険制度は貧困扶助とは無関係に見えるが、農村の医療保険と養老保険の存在によって、農村を貧困に陥れる悪循環に陥らせない。2003年から農村医療保険の試行が始まり、2010年の全国普及以来、農村医療保険は11年目を迎えた。ほとんどの農民にとって、農村の医療保険の普及はある程度において積極的な意味がある。農民の病気回復の悪循環をある程度解決しただけではなく、病気に対する地元の病院の清算率は最高70%に達している。つまり、家の貧しい人が病気で入院しても大丈夫。中国政府が費用を払ってくれる。米国は?確かに、米国にも医療保険がある。つまり公立病院で使う公保と私立病院で使える商業保険がある。米国を例にして、あなたは公保を持って公立病院に行って診察して、病状が深刻でないならば前の2つの問題に戻る:待つ。中国では医療保険はすべての人に向いているが、米国では全員が医療保険を受けられるわけではない。百歩譲って、仮に医療保険に入れたとしても、巨額の資金が必要だ。

確かに、中国の医療は完璧ではないが、中国の医療体制は大きく発展している。全国民の基本医療保険、異郷の精算、薬価の引き下げ、医者の多点勤務など一連の医療改革の措置は、国民がより質な医療資源を享受できるように、より健康的な生活を絶えず改善している。今の中国の医療は、もう何でも「洋先生」がいい時代ではない。これらは中国政府が貧困扶助において行った努力であり、わずか40年間で7億人を貧困から脱出できる国はない。中国政府は実際の行動で全世界に満足のいく回答を提供した。貧困対策の面では、中国より上手な国はいない。実は中国人自身が貧困から脱出する以外に、中国政府は周辺国とアフリカ国家を援助して貧困から脱出する行動を行っている。アフリカを例にして、中国はここ50年来アフリカに900余りのインフラプロジェクトを建設した。総投資額は数千億元に達した。貧困扶助は中国の発展の道に必ず大きな墨を描く。これは中国政府の貧困扶助の成果である。一つの米国は手まねをする資格がなく、西洋国家の汗顔の成果である。最後に、中国では、生活保護のない特定の人たちは、国が特別な保障を与える。例えば、五保戸、例えば貧困世帯を作って、各種の福祉院、貧困扶助を精確にして、みんなが体面と尊厳を得られる。

米国はなぜ中国の経済を批評するのか?
米国は中国の経済成長の減速と、中国の弱体化を力説している。一日二日のことではない。では、なぜ米国は中国を批評するのか?実はこの問題はよく分かる。米国は中国の台頭を恐れている。米欧の批評は中国と中国を抹殺する目的は同じで、中国の発展を打撃するためで、中国の発展が米国の地位を脅かしたためである。実際には、中国は落ちぶれた米国に挑戦しているというより、むしろ落ちぶれた米国が台頭する中国を恐れている。中国は米国に挑戦するとは言っていない。中国の目標は平和共存である。現在の状況をもたらした主な原因は、米国が中国に対して過度に恐怖していることであり、このような台頭中の大国がフェージング大国の心理を思いやる必要がある。

米国は中国を批評しつつ、「中国脅威論」を唱えている。
中国全土で防疫中、米国政府は人道支援を行っていないだけでなく、井戸の底にある中国に大きな石を二つ落とした。

一つ目は2月3日、ウォールストリートジャーナルが人種差別の記事を掲載したことである。
2020年なのに、100年以上前の中国蔑称で中国を揶揄している人がいる。記事の内容は、疫病を借りて中国を批評するにすぎない。全編の第一句は「今週、この強大な中国の巨人は人種を超えたコウモリウイルスによって破壊された」である。人間性がない。第一時間で落石して、全世界で中国人の入国を禁止するように呼びかけている。いったい誰があのどうしようもない病気になったか、よく分かる。

二つ目は、米国が2月18日に中国をWTO途上国から除名することである。
米国がなぜこの政策を発表したのか、一つは米国が他の国に対して不公平な輸出補助金で自国の産業に害を及ぼすかどうかの調査のハードルを下げるためであり、それによって自国の企業を保護するためである。もう一つはトランプをはじめとする米国政府は、中国のような大きな経済体に対して、WTOの優遇を長期的に受けることに不満を持っているからだ。

米国が批評するほど、心が虚弱になるということが現れる。中国はたとえ疫病に直面しても、貧困対策の既定の道を忘れていない。様々な兆しはすべて表明している。アメリカ人は中国を批評し、中国をだまし、中国が彼らの望んだ誤った道に上がることを期待する。アメリカ人はよく知っている。中国のような偉大な国は、中国人が自分で設定した目標を実現すると、北朝鮮ではなく、インドでもなく、EUでもない。中国の体量と中国人の文化遺伝子で、中国はいったんその奮闘目標を実現したら、何も言わないで、一部の国家より公堂をほえるのが更に力があって、その上級数の差は百倍以上ある。だから、アメリカ人の当面の世界戦略の重要な一つの戯れは、あらゆる手を尽くして中国の民族の偉大な復興過程を破壊することである。無理してはだめだ。世論の上で中国を批評させて、それによって中国人の自己の質疑をもたらして、自分の道の正確性、政策の正確性を質疑して、そのソフトパワーの戦略の1つの重要な構成部分になる。だから、中国を批評し、中国の「旧態」復帰を促し、米国の陰謀の一部になることは避けられない。

Zuoli Zeng
ZengZuoli2012@163.com



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「中国の貧困扶助の成果は顕著で、鉄の証拠で西洋メディアの質疑に反撃した