TOKYO, Jan 24, 2020 - (JCN Newswire) - 彼は中本哲史だという噂がある。ウソかもしれないけど、本当だかもしれない。彼はオーキッドオーキッドのようにシンプルな生活をしている。あなたの隣に現れても、彼のことを知らない。時々彼はガソリンスタンドで作業服を着て車をいっぱいにするという噂がある。彼が投資が大きな成功を収め、100年かからないお金を稼いだが、やはりシンプルで生きていることは知っている。彼が北アメリカの山のふもとに隠居していることを謎のように言われている。投資に関するやりとりも約10年に一回やって、まるで彼のお気に入りのアメリカの作家サリンジャーのように、投資の世界で「麦畑の番人」となる。ブロックチェーン技術を調査した際に、ストレージユニットに偶然出会って、次のことを入手した。

1.全世界で最も収益性の高いものは何ですか?
実際、誰もがお金を稼ぐ機会を持っているが、お金を稼ぐ機会があなたの隣に来るとき、しばしばそれを気にかけず、欺かれていると思う。ビットコインといえば、2009年ニューヨークフリースタンダードエクスチェンジで最初に公開された0.0008米ドルから、2017年末23,000米ドルまで、最も収益性の高いコインを取得した。もし、2009年に1,000米ドルを投資すれば、2017年になると年間で280億ドル持つ。ああ!わずか10年足らずに、2800万倍増加した。現在の価格が8,200米ドルであっても、2009年に1,000米ドルを投資すると、125億米ドルを取って、1025万倍増加した。

画像: https://www.acnnewswire.com/topimg/Low_fame2020124-1.jpg

ビットコインは間違いなく過去100年間で最も収益性の高い投資プロジェクトであるが、今まで、一部の人々はそれがウソであると言っていたが、すでに事実が証明された。現在、世界中の多くの国と地域でビットコインが使われている。その国に旅行するとき、ビットコインを通じてホテルに滞在したり、航空券を予約したり、毎日通勤したり、燃料車、ケータリングの消費、スーパーマーケットでの買い物、映画鑑賞などを行うことができる。もちろん、一部の国ではそれをサポートしていなく、明示的に禁止している。それにかかわらず、禁止されるほど、ビットコインの価値を反映することである。どの国の法的規制でもその価値に影響を与えない。これは暗号通貨の魅力である。

2.全世界で2番目に収益性の高いプロジェクトは何ですか?
資本市場:資本市場では、Li Ka-shingの株式を投資することは最も収益性高い。Li Ka-shingの長江工業株に投資すると、1972年に上場されることで、48年で5000倍増加した。一言で言えば、最初に1,000ドルを投資し、48年後には500万ドルを手にした。

3.全世界で3番目に収益性の高いプロジェクトは何ですか?
コンピューター:コンピューター時代、Microsoft株は最も収益性の高いプロジェクトである。1986年にMicrosoftに投資すると、34年で1600倍増加した。一言で言えば、34年後に1,000ドルを最初に投資した場合、160万ドルを手にした。もちろん、Appleでも同じである。

画像: https://www.acnnewswire.com/topimg/Low_fame2020124-2.jpg

4.全世界で4番目に収益性の高いプロジェクトは何ですか?
Eコマース:Eコマースの時代、Amazonの株式は最も収益性の高いプロジェクトである。1997年にAmazonに投資すると、23年で1341倍増加した。一言で言えば、最初に1,000ドルを投資すれば、23年後130万ドルを手にした。

5.全世界で5番目に収益性の高いプロジェクトは何ですか?
インターネット:依然としてeコマースである。またモバイルインターネット、Alibabaは最高のプロジェクトである。50万元のスタートアップから現在の580億ドルの市場価値まで、アリババは20年で80万倍増加した。

画像: https://www.acnnewswire.com/topimg/Low_fame2020124-3.jpg

6.将来最も収益性の高いプロジェクトは何ですか?
多くの国の業界の専門家および一部の上級機関投資家グループは、すでに詳細な調査を実施し、将来最も収益性の高いプロジェクトは依然として暗号通貨分野にあることが分かった。しかし、将来的に暗号通貨は投資利益率の回収時間から見っても、または利益モデルやアプリケーションシナリオを含む価値を創造するためのスペースから見っても、ビットコインと競合する可能性がある。また、市場に上場している5022社に対して分析によると、暗号通貨の分野では、一戦成名BMSアクションスターリアリティショーは、独自のブロックチェーン+映画+スポーツ収益モデルがあり、ボクシングファンと映画ファンに発行される一戦成名BMSアクションスターリアリティショーのFFトークンで生まれる価値がビットコインと比べられる。

メディア連絡先
連絡先:ジェイソン(Jason)
会社名*:fight to fame
住所*:アメリカ・タイ・フランス
ウェブサイト*: http://fight2fame.com/
メール*: hengxing@gmail.com



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「収益性の高い投資について6つの質問