HIROSHIMA, Japan, Jan 23, 2020 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新たな安全装備を追加するとともに、軽快な走りと実際の走行における優れた燃費性能の両立を実現した新開発のパワートレインを採用した軽自動車「マツダ フレア」を、全国のマツダ販売店を通じて、本日発売します。

安全装備の強化では、全車に「後退時ブレーキサポート」、「誤発進抑制機能(後退時)」、「リアパーキングセンサー」を追加し、後方を中心とした運転時の安全性が向上しました。経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」*1の「サポカーS・ワイド」*2に全車*3が該当しています。

また、デュアルインジェクションシステムやクールドEGRなどの新技術を採用した新開発のガソリンエンジンと効率を高めた新開発のCVTの採用に加え、マイルドハイブリッドシステムのさらなる効率化により、実際の走行における優れた燃費性能と軽快な走りを両立させ、全車がエコカー減税*4の対象となっています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2020/202001/200123a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「マツダ、「マツダ フレア」を商品改良