TOKYO, Dec 2, 2019 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、2019年12月4日から7日まで米国カリフォルニア州サンディエゴで開催される第12回アルツハイマー病臨床試験会議(Clinical Trials on Alzheimer's Disease: CTAD)において、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体 BAN2401、オレキシン受容体拮抗剤レンボレキサントを含む当社のアルツハイマー病/認知症パイプライン、ならびに血液を用いたアルツハイマー病(AD)診断法に関する最新データについて、口頭発表 3 演題とポスター8 演題の発表を行いますのでお知らせします。当社は、BAN2401 について、バイオジェン・インク(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ)と共同で開発しています。また、血液を用いた簡便な AD診断法については、シスメックス株式会社(本社:兵庫県、以下 シスメックス)と共同で開発しています。

BAN2401 については、世界で初めて後期臨床試験として臨床症状および脳内 Aβ蓄積の両エンドポイントで疾患修飾効果を示した臨床第II相試験(201 試験)の非盲検延長試験開始時の早期 AD 患者様の脳内 Aβ蓄積減少の持続性について口頭発表します。また、現在進行中の臨床第III相試験(Clarity AD:301 試験)の試験デザインや進行状況に関する発表を行います。

睡眠と覚醒を調整する薬剤として開発中のレンボレキサントについては、アルツハイマー型認知症に伴う不規則睡眠覚醒リズム障害(ISWRD)を対象とした臨床第II相試験(202 試験)について、追加解析結果の発表を予定しています。

シスメックスと共同開発している血液による簡便な AD 診断法の創出については、シスメックスのタンパク測定プラットフォームである全自動免疫測定装置 HISCL(TM)シリーズを用いた自動化タンパク質アッセイシステムなどの最新データを発表します。

当社は、アルツハイマー病/認知症領域分野における 35 年以上の創薬活動の経験を基盤に、包括的なアプローチによる創薬研究を通じて、認知症の予防と治癒の実現をめざしています。革新的な治療薬を一日も早く創出し、アンメット・メディカル・ニーズの充足と患者様とそのご家族のベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201987.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「エーザイ、第12回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)においてアルツハイマー病/認知症領域の開発品に関する最新データを発表